人生100年時代」タグアーカイブ

画伯日記20190310:まちのキャリアデザインマスターを取材

SCE理事の細田です。
現在、これから創刊するウェブマガジンの準備中です。
私は編集長で、またインタビューページも担当します。
第一号として、まちのキャリアデザインマスター中村容さんにご協力をいただきました。

続きを読む

「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」報告

SCE代表の古川です。
「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」でファシリテーターをつとめました。
主催は、志木市で長年創業スクールを運営なさっている、一般社団法人地域連携プラットフォームさんです。

人生100年時代の働き方ワークショップ

「人生100年時代」となった今、人生後半をどのように生きていくのか。
それはすなわち、生き方や働き方をどのように選び、組み立てていくのか、ということです。

多くの人にとって、これまで予期していなかった環境なので、不安が募りやすく、また、従来のビジネスの定石で「ひとり勝ち」を目指そうとしてしまう人が多いです。
しかしそれでは、たとえ勝っても心の平安は得られません。

お金を稼ぐことも大事かもしれませんが、様々な人や事柄との出会いを資産と考えてみてはいかがでしょうか。
そして、その資産をいかして自分らしく生きる戦略を見いだし、実践し、ときどき更新していくのがいいと思うのです。

そんなことをお伝えしながらのワークショップは大いに盛り上がり、「日常の生活では出会えないような方と話せたのがよかった」「自分の思いを聞いてもらってスッキリした」などの感想をいただきました。
みなさんありがとうございました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

シニア中小企業サポート人材プログラム2018④報告

SCE代表の古川です。
東京しごとセンターのシニア中小企業サポート人材プログラム2018④が終わりました。
13日間のプログラムで、古川は1・2日目と最終日を担当しています。

中小企業サポート人材プログラム2018④修了式)

大手企業で管理職をしていた方を対象とする、再就職のためのプログラムです(55歳以上)
有名企業で大きなプロジェクトを手がけていた方、たくさんの部下を束ねていた方は、そこを離れてもさぞかし活躍の場がたくさんあると思われがち。
ご本人もそんな気分でいるのですが、実際にはそんなに甘くないです。
機会ある仕事の種類も、報酬も、予期しているものとはまったく違います。

でも、その状況に臨む自分も、新卒の時や、以前に転職した時とは違っています。
シニアという年代に突入し、家族状況も変化し、健康状態も変化しています。
ライフスタイルや家族との関係性も見直す時期です。

プログラムでは、キャリアのたなおろしなどの学びと共に、13日間みっちり一緒に過ごす間に新たな仲間ができていきます。
組織の一員ではなく、個人としての人間関係をつくっていくことも、これからの人生には大切です(本当はこれまでだって大切だったのですが)
「再就職には時間がかかるかもしれないけど、仲間ができたのはよかった」という声も聞かれました。
人生100年時代の大切な財産ですね。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

3/15(金)シニアの社会参加サポートプログラム2018(特)

東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」のご案内です。
代表の古川がファシリテーターをつとめます。

続きを読む

第30回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第30回SCEサポサポの報告です。

定年後の長い人生をどう生きて、どう働いていくか、についてのご相談でした。
ご本人はまだ先、という年代なので、構想や準備も含めてのお話です。
次のような感想をいただきました。

古川さんの言葉一つ一つが心にストンと胸におちてきました。憧れや、やってみたいことを、仕事にすることの難しさ。仕事にしたいことに向けて、今やるべきことを明確にする。そして、私の最大の武器は。
古川さんに話しながら、ボンヤリ考えていただけで、考えが深まっていないことが次々に明らかになりました。あっという間の楽しい時間でした。じっくり向き合って、しっかりお話をきいてくださり、心から感謝いたします。来年の今ごろ進捗を報告したいです。

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

SCE通信201902&03特集「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来

SCE通信を発行しました。
特集は「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来。
2/28おとなカレッジにご登場の溝田瑩貴さんに取材させていただきました。

WithYouさいたま館内などで手に取っていただけます。
ぜひご一読ください。

バックナンバーはこちらから

キャリア論「長寿社会における学びの意義」報告

SCE代表の古川です。
さいたまシニアユニバーシティでキャリア論「長寿社会における学びの意義」を担当しました。

北浦和校(浦和ふれあい館)

大宮校(さいたま市宇宙劇場)

大宮中央校(のびのびプラザ大宮)

東浦和校(さいたま市プラザイースト)

北大宮校(さいたま市プラザノース)

岩槻校(岩槻駅東口コミュニティセンター)

今回、ある会場で「講義の内容で、シニアシニアと言われて気分がよくない。もっと若々しい気持ちにさせてくれ」という声を聞きました。
シニア向けのマーケット戦略について「シニア」「高齢」という言葉は有効でない、という話を聞いたことがありますが、そのとおりの反応です。

いまの高齢者は、なぜ「シニア」と言われたくないのでしょうか。
そうした活発なシニアの中心的な年代は70代です。
日本の戦後復興と共に生まれ、高度経済成長の恩恵をフルに受けて育ってこられた背景があります。
人数が多く、右肩上がりが当たり前な方々で、生産活動も消費行動も活発。

ある意味で、マーケットは常にこの方々の機嫌を取ってきたのではないかと思います。
自分たちに最適化されたサービスを提供されて当たり前、と思っている世代なのかもしれません。

そんなシニアと同時代を生きる現役世代、そして若者や子どもは、彼らに元気を吸い取られ続ける覚悟が必要なのか・・・そんなことを考えさせられたできごとでした。
事務局の皆さん、お世話になりました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

キャリア論「学びの力で切りひらく私の人生100年」報告

SCE代表の古川です。
さいたまシニアユニバーシティ大学院でキャリア論「学びの力で切りひらく私の人生100年」を担当しました。

岩槻校(岩槻駅東口コミュニティセンター)

大宮中央校(のびのびプラザ大宮)

東浦和校(さいたま市プラザイースト)

北大宮校(さいたま市プラザノース)

「人生100年時代」といわれる少子高齢社会において、日本は世界に冠たる先進国です。
この状況をどう生きていくか、社会をどう運営するか、は、すべての世代の人にとって自分ごと。
もちろんシニアもひとまかせでは成り立ちません。
学びの力を磨きながら、日々のくらしや社会の出来事をしっかりと見定め、行動するのが当たり前。
そんなことを、少しでも感じていただけたらと思って授業を組み立てました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

シニアの社会参加サポートプログラム2018④報告

SCE代表の古川です。
東京しごと財団の、シニアの社会参加サポートプログラム2018④でファシリテーターをつとめました。
事例紹介は、NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジンの中島由利子さん。

中島由利子さん(NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン)

続きを読む

開催報告:第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」

SCE理事の遠藤です。
第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」を開催しました。
講師をつとめる細田恭子(SCE理事&オンナ50歳からの生き方当事者)の誕生日あたりに開催するのが恒例で、今年は3回目になります。

「オンナ50歳からの生き方茶話会」グラレポ

続きを読む