キャリアカウンセラーという生き方」タグアーカイブ

「キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ@志木」報告

SCE代表の古川です。
「キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ@志木」報告です。
拙著『キャリアカウンセラーという生き方』を土台にしたワークショップで、ファシリテーターをつとめました。

主催はキャリアコンサルタント養成講習を運営する一般社団法人地域連携プラットフォームさん。
対象は、キャリアカウンセラーの仕事に関心ある方で、会場は埼玉県志木市の志木サテライトオフィスです(東武東上線「柳瀬川」駅すぐ)

たくさんご参加いただきました。

キャリアカウンセラーには、その資格発行をめぐってこれまでややこしい経緯があり、国家資格キャリアコンサルタントより歴史ある民間資格が10以上あります。
また、資格取得とキャリア支援の仕事の機会が直結しているわけではないので、資格は取得したものの、その後どう活動するかが見えづらく、不安に思っている方がいらっしゃいます。

たくさんのご参加がありました。
感想として、「もやもやしていたことがすっきり」「やるべきことが見えた」「自分で動いてみようと思う」などという声をいただき、やはりニーズがあることを感じました。

私は、すべてのキャリアカウンセラーが資格の種類にかかわらないネットワークを持って、知恵と力を合わせる関係性をどんどん強化していくといいと思っています。
地域連携プラットフォームさんは、埼玉県内で唯一の講習運営機関であり、コワーキングスペースや創業スクール運営などもなさっているので、ネットワーキングにはうってつけ。
今後もこちらで開催する予定があるので、関心ある方はぜひ情報チェックしていてくださいね。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

2/7(木)キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ@志木

一般社団法人地域連携プラットフォーム「キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ」ご案内です。
SCE代表の古川がファシリテーターをつとめます。

続きを読む