シニアの社会参加サポートプログラム 2018(特)報告

SCE代表の古川です。
シニアの社会参加サポートプログラム2018(特)報告です。
じつは今年度の予定回数は終わったのですが、次年度からプログラムの実施時間や事務手続きを変更されるということで、トライアルとしての特設回でした。
事例紹介では野毛坂グローカルの奥井利幸さんご登場。

特設回も満席。人気のプログラム!

野毛坂グローカルは、地域活動と国際交流を行う団体です。
目の前のことに取り組みつつ広い世界とつながれるところに魅力を感じる若者が多くかかわってくれ、非常に注目度が高いとのこと。
奥井さんは「地域活動では若手のホープ、国際交流では経験豊かな先輩」という絶妙な立ち位置を占めています。

野毛坂グローカル奥井利幸さんの事例紹介

若者に接するとき気をつけているのは、自分からアドバイスをしないこと。
若者にしてみれば、注意や指導をしたがるシニアは間に合っているので、なにかあったら聞きに行けるような、相談しやすい雰囲気を醸し出すことを心がけているそうでした。

古川はグループワーク「55歳からのしごと×生き方トークセッション」を担当。
しごとセンターに登録している方々なので、主な関心は就業です。
しかし、現在の日本社会を生きていくには、地域や社会とのつながりを念頭におきつつ戦略をたてることの重要性は高いと思います。

今回もわいわいがやがや盛り上がりながら新たな知恵を得る場となりました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!