「キャリアの移行」をお手伝いします

ブログネタ:ビールが似合う芸能人 参加中

さいたまキャリア教育センター キャリアコンサルタントの古川晶子です。
ビールのCM、ぐっさんはすごく似合うと思います。
いっしょに働いても、仕事後の打ち上げも楽しそうだし。
さて、キャリアコンサルタントについて、「どんなことをするんですか?」と聞かれてお答えしつつ、あらためて認識したことがあるので、ここにも書き留めておきたいと思います。
キャリアコンサルタントの仕事は幅広いのですが、共通して言えるのは「キャリアの移行」をお手伝いすることです。
就職・転職の支援のイメージが強い(案件情報の提供など)のですが、それだけではありません。
例えば、次のような場合があります。

・新社会人が経験する「思っていたのと違う・・・(専門用語でリアリティショックといいます)」を乗り越えるとき
・初めてリーダーの役割をつとめることになったとき
・妊娠・出産・育児によって働き方を見直す必要が生じたとき(女性の悩みが多いですが男性も当事者です)
・社会状況の変化などによって、想定していた進路が望み薄になってきたときの、目標や行動の見直し
・起業(勤務しながらの週末起業を含む)するとき
・なんらかのブランクを経てまた働こうとするとき
・定年退職後のセカンドキャリアのありかた(勤務先だけでなく家族・地域との関係性を含む)を考えるとき
・企業規模や文化の異なる職場で、一員として定着するために
こうした「キャリアの移行」をスムーズに行うために、最も重要なのは「自分の意思の明確化」「環境理解」「マインドの切り替え」であると私は考えています。
そのためのカウンセリングやワークショップなどが、キャリアコンサルタントが最もお役にたてる場です。
「なるほど~」と思われた方、「受けてみたい!」と思われた方、お気軽にお声かけください。
ご要望にこたえるよう、自主企画を開催・運営してまいります。
お問合せ・ご依頼は さいたまキャリア教育センター公式サイト でお待ちしています!

シェアする