いろとかおり③カヲリエ「ユーカリ」

まんなかタイムスデザイナー兼編集人の遠藤です。
私のもう一つの顔は、色と香りを使って心を癒す活動をしています。
その色と香りをテーマにしたカヲリエコラムです。
(アイキャッチになっているカヲリエを描くネタです。)

ーーーーーーーーー

「ユーカリ」

コアラが食べる葉っぱで有名なユーカリだが、精油の中でも有名なユーカリ。
子どもの頃、鼻詰まりやくしゃみ症状の風邪の時などに母がジェル状のクリームを背中に塗ってくれた、あのクリームの香り。(ユーカリ精油が配合されているようだ)

スーッとしたユーカリの香りを嗅ぐと、呼吸がしやすくなる。
呼吸器系にいいので、風邪の時などサポートしてくれる香りだ。
これからの季節にとてもよく使える精油である。

私のユーカリの印象は「クリア」
心の鬱憤や苦しさを洗ってくれるような気がする。
鼻の奥まで行き渡って新鮮な空気を送り込んでくれるような気がするのだ。

そしてカヲリエを描く。
ユーカリの香りで何が見える?
水と光。
横へ流れる感じ。それも早く流れていくようなイメージ。
水面の上を光が走り抜けていく。

ユーカリの香りを何度も何度も嗅ぐ。
スーッとしているのに、最後に柔らかくなる。

ユーカリに母の記憶があるからかな。

(遠藤ひろみ)

 

シェアする