いろとかおり②カヲリエ「ラベンダー」

まんなかタイムスデザイナー兼編集人の遠藤です。
私のもう一つの顔は、色と香りを使って心を癒す活動をしています。
その色と香りをテーマにしたカヲリエコラムです。
(アイキャッチになっているカヲリエを描くネタです。)

ーーーーーーーーー

「ラベンダー」

アロマテラピーの王道のラベンダー。私はラベンダーが好きである。
精油としても、植物として葉っぱも花も好きである。
紫色の花と葉から香りがする。とても香りが豊かな植物である。

ラベンダーのキーワードは「沈静」。
副交感神経を優位にしてくれる香りである。
眠りに対して良いと言われていて、怒っている時など感情が昂っている時に沈めてくれる香りなのだそうだ。

私のラベンダーの印象は「忘れられない優しさ」
なんだかじわじわ深部に伝わってくる。だからなんだか忘れられない優しさ。

そしてゆっくりラベンダーの香りを嗅ぐ。
鼻の奥に滑り込んでくるくせに、奥から全身にじわじわ広がる。
そのあと、頭の奥から力が抜けていくような感じ。

私が感じる香りの色は、青と赤が浮かぶ。
青と赤が雲のようにまだらに広がる。
香りをじっくり味わいながら、今日のカヲリエを描く。

赤が強く浮かぶ夕焼けの海。
赤い太陽は眩しいのに心に強く優しいのだ。

ハガキサイズの紙に、黙々とパステルの粉を擦り付ける。

香りのせいかしら。
なんだか眠たくなってきた。

(遠藤ひろみ)

 

シェアする