賛同者募集:埼玉県の事業主支援金をNPO法人等にも!要望活動 5/18まで受付

賛同者募集:埼玉県の事業主支援金をNPO法人等にも!要望活動5/18締切

新型コロナウイルスの影響を受ける事業者への「埼玉県中小企業・個人事業主支援金」を非営利団体にも出してほしい―この要望を埼玉県に届けるため、NPO法人ハンズオン埼玉ほか埼玉県内の10団体が呼びかけ団体となり賛同者を募集している。賛同方法は要望活動サイトで要望書(案)を確認の上、エントリーフォームに必要事項を入力して意思表示する。団体・個人ともに歓迎。5月18日まで賛同者のエントリーを受けつけ、要望書と共に埼玉県知事あてに提出する。

要望活動ページ「埼玉県中小企業・個人事業主支援金の対象範囲にNPO法人、一般社団法人などの非営利団体を加えてください」(NPO法人ハンズオン埼玉ほか)

新型コロナウイルス感染拡大防止のために休業して事業継続に影響を受けるのは、営利企業も非営利団体も同じ。しかし「埼玉県中小企業・個人事業主支援金」はNPO法人や一般社団法人などの非営利団体を対象としていない。NPO法人ハンズオン埼玉代表の西川正さんはこの支援について「本質的には自粛をすすめるための協力金。社会にとっては感染防止の経費」といい、実際に、同じコミュニティカフェ運営者でも、会社は支援金を申請できるが一般社団法人は受け付けられないという不平等が起きていると指摘する。地域や社会の課題に取り組む様々な事業が現在の「休業協力」状態を持ちこたえるための支援が緊急に必要だ。

NPO法人ハンズオン埼玉(公式サイト)

まんなかタイムス関連記事「知りたい:感染防止「休業協力金」が出ない!?」