まんなかラボ報告:12/17カヲリエの会

まんなかタイムスデザイナーの遠藤です。

12/17(火)下落合コミュニティセンターでカヲリエの会を開催いたしました。

今回のご参加者は3名。
よくよくお話を伺うと平成27年度さいたま市とSCEが共催したマッチングファンド助成金一般助成事業の「女性の知恵で読み取る/発信する講座」にご参加いただいた皆さんでした。
グループは違いますが「さいたま 地域力×女性力ブック」を作成した仲間です。
3回の講座の後、ちょうど今の時期からグループに分かれて取材や編集の作業に入ったので、あの時は大変だったね~!でも楽しかったね〜!!と思い出話に花が咲きました。

今回は、お2人がカヲリエの会初参加でした。
最初の色遊びの「虹」を描いていただいたあと、色表現を描く「初日の出」(←今回は年末なのでお正月に向けて)を描きました。
いつも芽やたんぽぽなどを描いていたのですが、初めての試み。
皆さんとっても素敵な初日の出ができました。
その2枚で達成感があったのですが、じつはカヲリエは3枚目が本番。
カヲリエは精油を嗅いで感じるイメージを自由に描いていただくので、この練習はそのためのストレッチになのです。

今回の香りは「ベンゾイン(安息香)」
最初はバニラのような甘い香りがしますが、だんだんと香りが変化し、スッキリとした苦みが出てきます。心がだんだん落ち着いてくる香りです。
古代エジプトの時代から使われていた香りで(その時は精油はなくて、樹脂を燻して使っていたそうです。)宗教的儀式などに古くから用いられてきたそうです。

「なんだかお墓のことを思い出した。」とお一人の方が言いました。
精油の香りの正解(精油名や効能など)は最後まで明かさないのですが、正解を知っている私はおー!!と驚いてしまいました。毎回カヲリエは、香りの不思議さを感じさせてくれます。

さいたま 地域力×女性力ブックの仲間たち

 

最後までお話が盛り上がり、とても楽しい会となりました。
ご参加本当にありがとうございました。

次回は来年2月25日の午後に開催いたします。
またのご参加をお待ちしています。