ゲストトーク」カテゴリーアーカイブ

開催報告:第5回おとなカレッジ「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来

SCE理事の遠藤です。
第5回おとなカレッジ「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来を開催しました。
さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。

障がいを持つ子どもを育てるお母さんたちの居場所「オープンハウス居ごこち」を運営している溝田瑩貴さんのお話でした。

第5回おとなカレッジ「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来

まず、溝田さんの自己紹介と活動を始めた経緯から。
お連れ合いが転勤族で、岐阜に引っ越し、知らない土地での出産。生まれる前から子育て支援の団体に登録していたことや、お子さんが熱性けいれんになった時に、「子どもの病気について知らない」ことに気がつき、情報を集めたり調べたりしたこと。お子さんに障がいがあることが分かって、登録していた団体の人から「いつでも何かあったら言っておいで」と言ってもらえて、受け皿があることにとても安心をしたこと。

また転勤があり、新しい土地では情報がなかなか得られず苦労したこと。情報収集から色々な団体の活動に参加し、そして「知ろう小児医療守ろう子供たちの会」や「市民医療マイスター協会」の活動をし、話を聞くことで、患者さんや悩んでいる人の顔が、ふっと柔らかくなるところを見たこと。
何かをしたい気持ちが湧いてきて、専門的な知識がない自分ができることを考え「お母さんたちの声が聞ける場所」として「居ごこち」を始めたこと。

ご参加の皆さんにもそれぞれ自己紹介をしていただきました。
場づくりに興味がある方や、障がいを抱えたお子さんや親戚がいる方、自分のお子さんに発達障がいがあるかもしれないという方などなど。
そこから、素朴な疑問、当事者ならではの実感など、さまざまなことを語り合う場となりました。

溝田さんは、2年間「居ごこち」の活動をしてきて気づいたことがあるとのこと。
それは、運営者としての自分への違和感です。
医療や福祉の専門家ではない溝田さんは、お母さんたちと同じ立場ですが、運営の側にいると、そういう風に接してもらえないときがあるとのこと。

そこで溝田さんは、この春「居ごこち」の看板を下ろすことを決めています。
2年間の活動で見えてきた、お母さんたちのニーズは「子ども達に何かをしてあげたい」そして「情報を知りたい」ということです。

看板を下ろしても、障がい児を持つお母さんどうしとして、話を聞きあったり、情報交換をしたり、ということで、お互いにニーズを満たしていけます。
自分を犠牲にし、無理をして続けては、「居ごこち」良くはなりませんね。
溝田さんは、自分の足元がしっかりと見えているからこそ、違和感に気づくことができ、結論を出せたのだと思いました。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『スピークアップ-日本IBM不正会計二七〇億円「事件」回避の記録』(三恵社)ほか多数

開催報告:第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」

SCE理事の遠藤です。
第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」を開催しました。
講師をつとめる細田恭子(SCE理事&オンナ50歳からの生き方当事者)の誕生日あたりに開催するのが恒例で、今年は3回目になります。

「オンナ50歳からの生き方茶話会」グラレポ

続きを読む

2/28(木)第5回おとなカレッジ「オープンハウス居ごこち」からつながる人・未来

「おとなカレッジ」ご案内です。
さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
ご興味ある方はどなたでも参加できます。
子連れもOK(託児のご用意はありません)。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

溝田瑩貴さん

講師は「オープンはうす居ごこち」の溝田瑩貴さん。
埼玉県久喜市で、障がいを持つ子どもを育てるお母さんたちが、安心して話せる場を運営していらっしゃいます。この事業にたどり着くまでの葛藤や経緯を、当事者でもある溝田さん自身の経験なども交えてお話しいただきます。

講師:溝田瑩貴さん(「オープンハウス居ごこち」主宰)
日時:2019/2/28(木)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま(さいたま新都心)
参加費:1500円(会場費等を含む)
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「2/28申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
足立区出身。久喜市在住。転勤族の夫と娘2人の母。不妊治療の末に授かった長女が障がいを持ち、支援者と当事者家族のギャップと自身も発達障害者として社会との関わりを模索。2017年「障害を持つ子どもを育てるお母さんのための オープンハウス居ごこち」を久喜市でスタート。

インターンS日記20180926:第3回おとなカレッジ報告

インターンシップでお世話になっているSです。
本日は、WithYouさいたまで行われた、第3回おとなカレッジ「こころとからだのメンテナンス治療院PolePoleに至るまで」に参加させていただきました!

城内和美さん

講師の城内和美さんのお話はとても面白く、興味深かったです(^^)
城内さんの生き方や今までの経験など詳しくお話してくださいました。結婚・出産を経て育児をする中で、子育てについて「分からない・・・だから知りたい」という気持ちが原動力となって様々なセミナーを受講されたそうです。子育てをしながらここまで動ける行動力が素晴らしいなと思いました。

私は、知りたいと思うと本やインターネットで調べて分かった気になっているだけなのかもしれないなと反省しました。当事者の方のお話を聞くことや同じ境遇の方とお話をすることで、本やインターネットだけでは分からないことまで知ることが出来ると思います。そして、自分の中で情報を整理することでより理解が深まるのだと思いました!

今まで様々な方の生き方について聞いたことがありますが、皆さん共通しているのが人生の節目の時に一度リセットして自分を見つめ直すことで本当にやりたいことをはじめる方が多いです。その「本当にやりたいこと」は人によりますが、初心にかえるというか、原点に戻って自分の好きなこと、若い頃にやっていた経験から派生して新しく始める方が多いのかなと思いました。この気づきを大切にして、これからの人生を考えていきたいです。

今日の昼食は、鮭のきのこあんかけでした‼めちゃくちゃ美味しかったです(^^)

12/8(土)第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」

「おとなカレッジ」ご案内です。
さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
ご興味ある方はどなたでも参加できます。
子連れもOK(託児のご用意はありません)。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

お気に入りのお菓子がある方はお持ちください♪

女性の50代は、いろんなことが一区切りしたようでまだまだ先がある年代。
「生き方茶話会」は、ほっとしたこと、もやもやなことを気軽にお話しする会です(話したくないことは話さない会でもあります)
素直な気持ちを話し、聞き、未来を楽しみなものにしていきませんか。

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/12/8(土)14:00~16:00
会場:WithYouさいたま(さいたま新都心)
参加費:1500円(会場費等を含む)
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「〇/〇申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
さいたま市出身。帝王切開で3姉妹を出産し、2000年にホームページ「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として、現在までに約400にのぼる体験や情報を掲載する。10年以上にわたり、各地で「帝王切開ママの会」を開催している。2013年8月、初の書籍『ママのための帝王切開の本』(共著)を出版。

開催報告:第2回おとなカレッジ「建築士+子育て+わたし」

SCE理事の細田です。
第2回おとなカレッジ「建築士+子育て+わたし」の報告です。

さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
今日の講師はM.I.E.建築デザイン の松丸弥恵さん。

松丸さんの情熱トークに聞き入るみなさん

小さな頃からのご家族のこと、学生時代のさまざまを包み隠さずお話ししてくださったおかげで、みなさんからの感想も・・・

・ものづくりに対する考え方とか共感できることが多くて自分を振り返るいいきっかけになりました
・丁寧な生活・手作り・ものってつくれるという感覚がとても新鮮でした。
・建築関係の話は初めて聞きましたが、とても面白かったです。私も自分でいろんな物を作るのが好きなので、今後のキャリアの参考になりました。

松丸さんの作品も展示させていただきました

そこから「子育て」が始まったことで新たなステージへと進まれたことや、子どもがいるからこその「住まい」への想いなどをリノベーションの写真などを見ながら話していただきました。
壁をぶち壊す松丸さんご夫妻の様子に、皆さん驚かれていました。

生きていく中でプラスのこともあれば、失ったものや手放すものもたくさんあります。
松丸さんは、それらも全部原動力に変えて、「めざすその先」を見つめていらっしゃいました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
皆さんのキャリアの広がりのお役にたてていただけたらうれしいです!

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

9/26(水)第3回おとなカレッジ「こころとからだのメンテナンス治療院PolePole」開業に至るまで

「おとなカレッジ」ご案内です。
さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
ご興味ある方はどなたでも参加できます。
子連れもOK(託児のご用意はありません)。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

城内和美さん

講師は鍼灸あん摩マッサージ指圧師の城内和美さん。
からだもこころも自分の人生の道具だから、セルフメンテナンスと信頼できる施術の両方が必要と考え、40才で開業なさいました。
ご自身の経験を通じて「自分らしく生きること」についてお話しいただきます。

講師:城内和美さん(こころとからだのメンテナンス治療院 Pole Pole主宰)
日時:2018/9/26(水)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま(さいたま新都心)
参加費:1500円(会場費等を含む)
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「〇/〇申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
静岡県御殿場市出身。2年半のOL生活の後、夜学で鍼灸あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。出産を機にさいたま市に移り住み、産後、母乳育児→食育→性教育と学び進むうちに自分の問題に気付き、学びつつ今に至る。子育て応援サークル「バニラ」を立ち上げ10年間運営した後、現在は心身への施術を中心に、役目を生きる旅の途中。

開催報告:第1回おとなカレッジ「ママ歴7年」を「サークル代表歴7年」に変えた私の思考術

SCE理事の細田です。
第1回おとなカレッジ「ママ歴7年」を「サークル代表歴7年」に変えた私の思考術を開催しました。

ママ友サークル「eママさいたま」の代表をはじめとし、本当にたくさんの顔を持つ難波陽子さん。
サークルの「今まで」と、その中で大切にしてきた思いもたっぷり聞かせていただきました。

反響があったのが「冷蔵庫」の例え。
「買い物に行かなければ冷蔵庫は空か」
という難波さんからの問いかけに 最初はキョトンとしていらした皆さんも、次々と大きく肯かれるようになり、
「私も冷蔵庫の中身を整理してみます」
「中身がわかっていなかったり、自信が持てなかったりしているので、そこが課題だとわかりました」
などの感想をいただきました。

そのココロはライフキャリアレインボー

「冷蔵庫」がとてもわかりやすい例えで、それぞれ自分に置き換えることができたようです。
「今日をちゃんと、本気で生きる」という言葉に、難波さんの人間性があらわれているな、と感じました。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

開催報告:第24回はたらくらぶW「母娘問題について考えよう」

SCE理事の細田です。
第24回はたらくらぶW「母娘問題について考えよう」を開催しました。

第24回はたらくらぶW「母娘問題について考えよう」

母と娘は一番身近な同性。
親と子はそれぞれ別の人格だと理屈でわかっていても感情がついていかず、その関係に苦しむことがあります。

「お母さんヘッドホン」「お母さんメガネ」という言葉があるそうです。
常に「我慢しなさい」「がんばりなさい」「わたしを助けて・・・」「お母さんも辛いのよ」という声が聞こえるという方は「お母さんヘッドホン」を付けたまま外せずにいるような状態です。
母親の価値観の縛りから抜け出せない、自分の経験や行動を「お母さんメガネ」で見て評価してしまうという場合もあります。

母娘問題の苦しみは、自分が自分でいられない、でも相手は大好きなお母さんだから突き放せない、という苦しみです。
そして、自分が母になったときにまた娘に同じことをしてしまう、「受け継がれやすい」という特徴もあります。
抜け出すために、早く苦しみや負担を楽にしたいです。
それには、自分がどんな葛藤を抱えてきたのかを知ること、そして自分の心に自分で栄養を与えること、つまり「プラスのストローク」を活用することです。

あなたが苦しむのは あなたが優しいからです

今回、ストロークを理解するために、相手の言葉に応えない「ノンストローク」を体感するワークがありました。
たった1分間でしたが、承認されない辛さを実感(子どもが話しかけてもスマホを見ている、というのも同じですね)。
「あなたが苦しむのは あなたが優しいからです」という言葉が沁みました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

開催報告:第23回はたらくらぶW「親の老後との付き合い方」

SCE理事の細田です。
第23回はたらくらぶW「親の老後との付き合い方」を開催しました。
今回はNPO法人市民後見人センターさいたまの井上さん、野口さん、山口さんに、専門家として、また経験者としてのお話を聞かせていただきました。

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、困りごとは突然やってきます。
私の父が難病になり、胃ろう、気管切開などをするかどうかの決定を、数日のうちにしなければなりませんでした。
その後の施設選びなども知らないために、どこに聞いたらいいかもわからず、「知っていたら・・」と思うことが何度もありました。

「ダブルケア」と聞くと「親の介護と子育て」を思い浮かべますが、「親の介護と孫育て」でご苦労されている方のお話も聞くことができました。
お金の心配、認知症の親が離れて暮らしている場合ご近所とのトラブル、生活が一変すること、親族間の仲違いなど
挙げたらきりがないくらい、たくさんの事例を聞かせていただきました。

父の介護に気を張っている母が、「(施設にいる)お父さんのことが気になって眠れないのよ・・・」とつぶやくことが多いので、今日はそんな母に伝えたい言葉もお聞きすることができました。
「安眠の材料に、良かった時のことを思い出しましょう」
元気だった時のことや楽しく過ごした時のことを思い出すことは、ついつい涙が出そうになったり、自由に動けない親の介護にイライラして嫌いになったりすることも多々あります。
だからこそ、一人で悩まず相談できる場所を知っておくことも、当事者のためなんだとあらためてわかりました。

参加者さんからは、「次回は介護の手続きや、介護する側の精神的なケアについても知りたいです」という声もいただきました。
また企画したいと思います。
NPO法人市民後見人センターさいたまの皆さま、ありがとうございました。