外部活動」カテゴリーアーカイブ

職業人講話「キャリア開発を支援する仕事の醍醐味とは何か」報告

SCE代表の古川です。
志木サテライトオフィス・ビジネスセンター「キャリアカウンセラー養成科」で、職業人講話の時間を担当しました。

続きを読む

シニアの社会参加サポートプログラム 2018(特)報告

SCE代表の古川です。
シニアの社会参加サポートプログラム2018(特)報告です。
じつは今年度の予定回数は終わったのですが、次年度からプログラムの実施時間や事務手続きを変更されるということで、トライアルとしての特設回でした。
事例紹介では野毛坂グローカルの奥井利幸さんご登場。

特設回も満席。人気のプログラム!

野毛坂グローカルは、地域活動と国際交流を行う団体です。
目の前のことに取り組みつつ広い世界とつながれるところに魅力を感じる若者が多くかかわってくれ、非常に注目度が高いとのこと。
奥井さんは「地域活動では若手のホープ、国際交流では経験豊かな先輩」という絶妙な立ち位置を占めています。

野毛坂グローカル奥井利幸さんの事例紹介

若者に接するとき気をつけているのは、自分からアドバイスをしないこと。
若者にしてみれば、注意や指導をしたがるシニアは間に合っているので、なにかあったら聞きに行けるような、相談しやすい雰囲気を醸し出すことを心がけているそうでした。

古川はグループワーク「55歳からのしごと×生き方トークセッション」を担当。
しごとセンターに登録している方々なので、主な関心は就業です。
しかし、現在の日本社会を生きていくには、地域や社会とのつながりを念頭におきつつ戦略をたてることの重要性は高いと思います。

今回もわいわいがやがや盛り上がりながら新たな知恵を得る場となりました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

さいたま市市民活動推進委員会H30-7

SCE代表の古川です。
今年度、そして、この任期最後のさいたま市市民活動推進委員会に出席しました。
主な議題はさいたまマッチングファンド助成事業の二次審査です。

2年間おつかれさまでした!

6団体の熱いプレゼンに続き、こちらも負けずに(?)熱い審議が行われました。
マッチングファンドの一般助成事業は、団体による計画書と、市役所内の共催先(所管課といいます)の意見書、そして今回のプレゼンをもとに審議されます。

市民活動と一口に言っても領域が広いので、知らないことから来る疑問点を質問されると、団体の方はたいていむっとされます(私たちも過去、応募した時そうでした)が、そのとき回答ぶりに、事業の志や責任感が表れるので、じつは勝負どころなと思います。

そのほか、内容については専門外でも、公共性や実現性、あるいは予算の配分が適切か、などについては判断しやすいので、それほど意見は割れません。
4つの事業が採択されておひらきとなりました。

これで、2年間の任期は終了です。
後半に当たるこの1年間は、お互いの人となりもだいぶ見えてきて、その中で答申作成の作業があり、かなり濃密でした。
参加させていただき、本当にありがとうございました。
またご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」報告

SCE代表の古川です。
「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」でファシリテーターをつとめました。
主催は、志木市で長年創業スクールを運営なさっている、一般社団法人地域連携プラットフォームさんです。

続きを読む

さいたま市市民活動推進委員会H30-6

SCE代表の古川です。
今年度6回目のさいたま市市民活動推進委員会に出席しました。
主な議題はさいたまマッチングファンド助成事業の一次審査です。

案内パンフが新しくなりました

いろいろな事業がありますが、総じて地域活性化がテーマになっている気がします。
人権にかかわるもの、たとえば、生きづらさを抱える当事者団体の事業などがあってもいいのでは・・・などと個人の感想を思いめぐらしているうちにつつがなく終わりました。

二次審査では、各応募団体のプレゼンと質疑応答があります。
楽しみです。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

シニア中小企業サポート人材プログラム2018④報告

SCE代表の古川です。
東京しごとセンターのシニア中小企業サポート人材プログラム2018④が終わりました。
13日間のプログラムで、古川は1・2日目と最終日を担当しています。

中小企業サポート人材プログラム2018④修了式)

大手企業で管理職をしていた方を対象とする、再就職のためのプログラムです(55歳以上)
有名企業で大きなプロジェクトを手がけていた方、たくさんの部下を束ねていた方は、そこを離れてもさぞかし活躍の場がたくさんあると思われがち。
ご本人もそんな気分でいるのですが、実際にはそんなに甘くないです。
機会ある仕事の種類も、報酬も、予期しているものとはまったく違います。

でも、その状況に臨む自分も、新卒の時や、以前に転職した時とは違っています。
シニアという年代に突入し、家族状況も変化し、健康状態も変化しています。
ライフスタイルや家族との関係性も見直す時期です。

プログラムでは、キャリアのたなおろしなどの学びと共に、13日間みっちり一緒に過ごす間に新たな仲間ができていきます。
組織の一員ではなく、個人としての人間関係をつくっていくことも、これからの人生には大切です(本当はこれまでだって大切だったのですが)
「再就職には時間がかかるかもしれないけど、仲間ができたのはよかった」という声も聞かれました。
人生100年時代の大切な財産ですね。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

「キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ@志木」報告

SCE代表の古川です。
「キャリアカウンセラーという生き方ワークショップ@志木」報告です。
拙著『キャリアカウンセラーという生き方』を土台にしたワークショップで、ファシリテーターをつとめました。

主催はキャリアコンサルタント養成講習を運営する一般社団法人地域連携プラットフォームさん。
対象は、キャリアカウンセラーの仕事に関心ある方で、会場は埼玉県志木市の志木サテライトオフィスです(東武東上線「柳瀬川」駅すぐ)

たくさんご参加いただきました。

キャリアカウンセラーには、その資格発行をめぐってこれまでややこしい経緯があり、国家資格キャリアコンサルタントより歴史ある民間資格が10以上あります。
また、資格取得とキャリア支援の仕事の機会が直結しているわけではないので、資格は取得したものの、その後どう活動するかが見えづらく、不安に思っている方がいらっしゃいます。

たくさんのご参加がありました。
感想として、「もやもやしていたことがすっきり」「やるべきことが見えた」「自分で動いてみようと思う」などという声をいただき、やはりニーズがあることを感じました。

私は、すべてのキャリアカウンセラーが資格の種類にかかわらないネットワークを持って、知恵と力を合わせる関係性をどんどん強化していくといいと思っています。
地域連携プラットフォームさんは、埼玉県内で唯一の講習運営機関であり、コワーキングスペースや創業スクール運営などもなさっているので、ネットワーキングにはうってつけ。
今後もこちらで開催する予定があるので、関心ある方はぜひ情報チェックしていてくださいね。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

3/15(金)シニアの社会参加サポートプログラム2018(特)

東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」のご案内です。
代表の古川がファシリテーターをつとめます。

続きを読む

おはなしカフェH30「身近な人との関係性~重く感じる人と程よい距離感をとるには~」報告

SCE理事の遠藤です。
クッキープロジェクトさんのおはなしカフェH30で講師をつとめました。
テーマは「身近な人との関係性~重く感じる人と程よい距離感をとるには~」で、今回はご家族などの身近な人との関係について考えてみました。

おはなしカフェH30「身近な人との関係性」

おはなしカフェでは、ご参加の皆さんが「この場にいる安心感」を持って、自由に「おはなし」できるように工夫しています。

まず初めに「家族彫刻」を描いていただきました。
家族彫刻とは主に子どもの頃の家族関係を図にしたもの。
家族の中で自分がどの位置にいたのか、心のイメージを図にして、眺めることで客観視できます。
すっかり忘れていたことも、いざ図に示してみるとよみがえってきます。

そして、子どものころ、自分が辛くないようになにかアイテムを備えていたかを問いかけてみました(ちなみに私は子どものころ、自分が寂しくないよう「おかあさんヘッドホン」をつけていました)。
皆さんは、ヘッドホンや定規や眼鏡、コンパスや窓など、いろいろなグッズに当てはめながら「私は眼鏡だった~」などと話してくださいました。

色々な発見がありました。
この2つは、自分と身近な人との距離感を、あらたな視点ではかることができる方法です。
これらを体験したからといって、すぐに抱えていることが解決するわけではありません。
参加者の皆さんが、今後、少しずつ楽になる方法を作る助けになればと思います。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

飯能商工会議所 女性会 講演「これからの、家族のカタチを考える」報告

SCE代表の古川です。
講演「これからの、家族のカタチを考える」の報告です。
埼玉版ウーマノミクスプロジェクトの一環で、飯能商工会議所 女性会さんにうかがいました。

開始前は、家族のカタチと経営との関係がピンとこないという方もいらっしゃったようです。
しかし、今、家族のカタチをめぐって、日本は危機的状況にあり、それは経営にも大いに関係あると思っています。

「標準世帯」と呼ばれる、夫婦と子2人という世帯は、今、日本の全世帯の5%を切る現状です。
少子高齢化が進んでいるので、単身、高齢の夫婦、高齢の親とシングルの子、など、それ以外の家族のカタチの方がずっと多く、「標準世帯」は標準ではなくなっています。
その結果、消費者も働き手も不足しています。
この状況を打開しようとする一つの方策が、女性活用であり、「ウーマノミクス」です。

「ウーマノミクス」について、どんな風にとらえていらっしゃるかお聞きしてみました。
なんとなく女性応援キャンペーンのような印象をお持ちのようです。
この言葉は1999年に、国際的な証券会社の事業戦略の一つとして登場しました。
日本株の価値を上げるために、日本社会の弱点を克服しようというものです。
その弱点とは、経済的に女性が主体性を持てない状況です。
個々の現象としては、男女の賃金格差、家族内における性別役割分業などがあり、単なる声かけでは解決しないものばかりです。

本当の「ウーマノミクス」は、キャンペーンではなく、それぞれの職場における実践の積み重ねによってのみ実現されていくのではないでしょうか。
それは、経営者や管理職の方々が、様々な働き方や家族のカタチを受け入れることによって可能になるのかもしれません。

2019/2/1埼玉新聞「埼玉経済」面より

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)