投稿者「SCE 代表」のアーカイブ

シニアの社会参加サポートプログラム 2018(特)報告

SCE代表の古川です。
シニアの社会参加サポートプログラム2018(特)報告です。
じつは今年度の予定回数は終わったのですが、次年度からプログラムの実施時間や事務手続きを変更されるということで、トライアルとしての特設回でした。
事例紹介では野毛坂グローカルの奥井利幸さんご登場。

特設回も満席。人気のプログラム!

野毛坂グローカルは、地域活動と国際交流を行う団体です。
目の前のことに取り組みつつ広い世界とつながれるところに魅力を感じる若者が多くかかわってくれ、非常に注目度が高いとのこと。
奥井さんは「地域活動では若手のホープ、国際交流では経験豊かな先輩」という絶妙な立ち位置を占めています。

野毛坂グローカル奥井利幸さんの事例紹介

若者に接するとき気をつけているのは、自分からアドバイスをしないこと。
若者にしてみれば、注意や指導をしたがるシニアは間に合っているので、なにかあったら聞きに行けるような、相談しやすい雰囲気を醸し出すことを心がけているそうでした。

古川はグループワーク「55歳からのしごと×生き方トークセッション」を担当。
しごとセンターに登録している方々なので、主な関心は就業です。
しかし、現在の日本社会を生きていくには、地域や社会とのつながりを念頭におきつつ戦略をたてることの重要性は高いと思います。

今回もわいわいがやがや盛り上がりながら新たな知恵を得る場となりました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

さいたま市市民活動推進委員会H30-7

SCE代表の古川です。
今年度、そして、この任期最後のさいたま市市民活動推進委員会に出席しました。
主な議題はさいたまマッチングファンド助成事業の二次審査です。

2年間おつかれさまでした!

6団体の熱いプレゼンに続き、こちらも負けずに(?)熱い審議が行われました。
マッチングファンドの一般助成事業は、団体による計画書と、市役所内の共催先(所管課といいます)の意見書、そして今回のプレゼンをもとに審議されます。

市民活動と一口に言っても領域が広いので、知らないことから来る疑問点を質問されると、団体の方はたいていむっとされます(私たちも過去、応募した時そうでした)が、そのとき回答ぶりに、事業の志や責任感が表れるので、じつは勝負どころなと思います。

そのほか、内容については専門外でも、公共性や実現性、あるいは予算の配分が適切か、などについては判断しやすいので、それほど意見は割れません。
4つの事業が採択されておひらきとなりました。

これで、2年間の任期は終了です。
後半に当たるこの1年間は、お互いの人となりもだいぶ見えてきて、その中で答申作成の作業があり、かなり濃密でした。
参加させていただき、本当にありがとうございました。
またご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」報告

SCE代表の古川です。
「人生100年時代の働き方ワークショップ@志木」でファシリテーターをつとめました。
主催は、志木市で長年創業スクールを運営なさっている、一般社団法人地域連携プラットフォームさんです。

人生100年時代の働き方ワークショップ

「人生100年時代」となった今、人生後半をどのように生きていくのか。
それはすなわち、生き方や働き方をどのように選び、組み立てていくのか、ということです。

多くの人にとって、これまで予期していなかった環境なので、不安が募りやすく、また、従来のビジネスの定石で「ひとり勝ち」を目指そうとしてしまう人が多いです。
しかしそれでは、たとえ勝っても心の平安は得られません。

お金を稼ぐことも大事かもしれませんが、様々な人や事柄との出会いを資産と考えてみてはいかがでしょうか。
そして、その資産をいかして自分らしく生きる戦略を見いだし、実践し、ときどき更新していくのがいいと思うのです。

そんなことをお伝えしながらのワークショップは大いに盛り上がり、「日常の生活では出会えないような方と話せたのがよかった」「自分の思いを聞いてもらってスッキリした」などの感想をいただきました。
みなさんありがとうございました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

さいたま市市民活動推進委員会H30-6

SCE代表の古川です。
今年度6回目のさいたま市市民活動推進委員会に出席しました。
主な議題はさいたまマッチングファンド助成事業の一次審査です。

案内パンフが新しくなりました

いろいろな事業がありますが、総じて地域活性化がテーマになっている気がします。
人権にかかわるもの、たとえば、生きづらさを抱える当事者団体の事業などがあってもいいのでは・・・などと個人の感想を思いめぐらしているうちにつつがなく終わりました。

二次審査では、各応募団体のプレゼンと質疑応答があります。
楽しみです。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

4/12(金)キャリアカウンセラーという生き方ラボ@志木

一般社団法人地域連携プラットフォーム「キャリアカウンセラーという生き方ラボ」ご案内です。
SCE代表の古川がファシリテーターをつとめます。

フリーランスで活動する方が多いキャリアカウンセラー。
その道に入るきっかけも、目指すところも十人十色。
現在活動中のキャリアカウンセラーやコンサルタントのお話をうかがい、お互いに知恵と力をあわせていける繋がりを作りませんか。
資格取得を目指している方も、開業準備中の方もご参加いただけます。

ファシリテーター:古川晶子(一般社団法人さいたまキャリア教育センター代表理事)
日時:2019/4/12(金)18:30~20:00
場所:志木サテライトオフィス・ビジネスセンター
埼玉県志木市館2-5-2鹿島ビル4階(東武東上線「柳瀬川」駅から0分)
参加費:2000円(テキスト代含む) ※テキストをお持ちの方は500円
定員:7人
申込方法:office@s-ce.shigoto.bz まで、件名を「○/○志木申込」として、参加者氏名と連絡先(携帯電話など)をお送りください。
※SCEからの返信メールが受信できるよう設定を確認ください

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

まかない日記20190215

SCE代表の古川です。
「まかない日記」と言いつつ、最近はまったくまかない写真をアップしていません。
前にもちょっと触れましたが、今年度に入ってから、いろいろ変化があり、まかないにばかり頼るのをやめ、お昼を求めてさまよい出ることが多くなっています。

そして先日、こんなお知らせが・・・

正式名称は従業員食堂

人手不足のニュースは日々、目にしていましたが、こんな身近に影響が出ています。
まもなく事務所移転するので、いずれにしてもお別れなのですが、それにもまして物悲しい気分になっております。

移転のご案内はこちら

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

シニア中小企業サポート人材プログラム2018④報告

SCE代表の古川です。
東京しごとセンターのシニア中小企業サポート人材プログラム2018④が終わりました。
13日間のプログラムで、古川は1・2日目と最終日を担当しています。

中小企業サポート人材プログラム2018④修了式)

大手企業で管理職をしていた方を対象とする、再就職のためのプログラムです(55歳以上)
有名企業で大きなプロジェクトを手がけていた方、たくさんの部下を束ねていた方は、そこを離れてもさぞかし活躍の場がたくさんあると思われがち。
ご本人もそんな気分でいるのですが、実際にはそんなに甘くないです。
機会ある仕事の種類も、報酬も、予期しているものとはまったく違います。

でも、その状況に臨む自分も、新卒の時や、以前に転職した時とは違っています。
シニアという年代に突入し、家族状況も変化し、健康状態も変化しています。
ライフスタイルや家族との関係性も見直す時期です。

プログラムでは、キャリアのたなおろしなどの学びと共に、13日間みっちり一緒に過ごす間に新たな仲間ができていきます。
組織の一員ではなく、個人としての人間関係をつくっていくことも、これからの人生には大切です(本当はこれまでだって大切だったのですが)
「再就職には時間がかかるかもしれないけど、仲間ができたのはよかった」という声も聞かれました。
人生100年時代の大切な財産ですね。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)