スタッフ

※SCEでの実績等のお問合せについて
過去にSCEの活動にご協力いただいた方についての問合せ等には、プライバシーポリシーにもとづいて対応します。また、人物の保証等は一切行いませんのでご理解ください。



■古川晶子(代表理事)

福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。大人のためのキャリア教育や、カウンセラーのブラッシュアップを推進する活動を展開している。
主なテーマ:30代からの働き方、リーダーシップ、リタイアメント準備、都市部男性のライフキャリア見直し、子育て女性のキャリア再構築、超高学歴者のキャリア転換、男女共同参画、市民活動入門、フリーランサーのビジネス環境分析&広報戦略 など
※SCE設立以前の活動実績はこちら→ furukawa2006-2012

hosoda


■細田恭子(理事/帝王切開カウンセラー)

さいたま市在住。転勤族の娘から転勤族の妻となり、北は秋田から南は佐賀まで引っ越し回数13回。2度の流産を経験した後、帝王切開で3姉妹を出産。2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設、ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。著書に『ママのための帝王切開の本』(医師・助産師との共著)がある。
主なテーマ:帝王切開カウンセリング、オンナ50歳からの生き方、転勤族妻を楽しむサバイバル術、児童・生徒向け「からだの話」など

endoh
■遠藤ひろみ(理事/ココロアロマセラピスト)

埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。結婚生活や仕事と子育ての両立等に悩んだ経験から、アロマセラピーや心理カウンセリング等を学び、2013年より、心理カウンセリング、アロマセラピー、イラスト表現等を複合した独自の手法で、ココロアロマセラピストとして活動する。
主なテーマ:カオリエの会、ひとやすみ心理学、更年期とのつきあい方 など