画伯日記20181121:「オンナ50歳からの生き方茶話会」とは?

SCE理事の細田です。
とつぜんですが、若返りたい自分のために「こんな秘密兵器があったらいいな♪」を絵にしてみました。

「若返りセット」細田画伯

さて、きたる12月8日(土)は 第4回おとなカレッジ「オンナ50歳からの生き方茶話会」です。
シニア向けの健康講座や老後の備えセミナー、そして終活講座はすごい勢いで増えています。
けれど、この茶話会のお知らせをすると、「で、どんなことをするんですか?」って聞かれます。
もう3年目なのですが(笑)
この場を借りてお答えしたいと思います。

「オンナ50歳からの生き方茶話会」とは?
・・・50歳前後の女性が、自分の生き方をあらためて見つめる時間です。

なにをするの?
・・・たとえばこんなことです。

<自己紹介>
50代を楽しみにしている方、ステキな50代を過ごしてきた方、モヤモヤしている方、どんな方でもありのままを。
ひとり時間を楽しんでいる方、未来が心配でたまらない方、たくさんの涙を流してきた方、介護で疲れ切っている方・・・
自分だけじゃない。
こんなにがんばっている仲間がいる。
こんなラクをする方法があったんだ!
話していくと、たくさんの気づきがあるんです。

<おはなしタイム>
昨年は「更年期指数」をチェックしてみました。
おはなしタイムは、話す練習・聞く練習でもあります。
年齢を重ねると、相手の話しをゆっくり聞かなくなったり、あるいは相手の話しを奪っちゃったりしがちですね💦
(私も無意識に「うんうん・・」と返事だけしていることがよくあります)

いいことだけでなく、悩みや困りごとも自由に話してください。
「自分の身体の不調」
「親の介護」
「老後のお金」
「夫の定年」
「子の巣立ち」
どれも初めて出会うことばかり。
そしてなかなか人に相談しづらいことでもあります。
スッキリ解決はできなくても、話すことで役に立つ情報に出会えることもあります。

今年は「手放したらラクになったこと」をお題にしたいと思っています。
「ずっと囚われていたけれど、手放したらすっきりしたわ~」というコト・人・モノ・・・
考えておいてくださいね。

秋田伝統のお菓子に「若返りまんじゅう」というものがあるそうです。
「若返りまんじゅう」良い響きですね~♪
「目に来る」「胃に来る」「脚に来る」「歯に来る」「髪に来る」それが50代ですもんね。

「オンナ50歳からの生き方茶話会」は、12月8日(土)の14時から16時。
お菓子をもぐもぐしながら、これからのこと話しましょう。
好きなお菓子をお持ちくださいね。
お待ちしております。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。編著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)