えんどう豆日記20181010:アキモトさんがやってきた。

SCE理事の遠藤です。
今日は事務所にアキモトさんがいらっしゃいました。

アキモトさん

アキモトさんがいったい何をやっている人なのか分かりませんが、よく事務所にぷらりと立ち寄ってくれます。そして私にお菓子をくれます。いい人です。
「これからTシャツを作らなきゃ」「これから横浜に行かなきゃ」と言っていました。絵を描いているかと思えば、たまに、ライターをしたりパソコン講師をしたりしているアキモトさん。一体何をしているんだろう?といつも思います。
見かけはアーティストっぽいのですが、本人曰く、アーティストではない。そうか~これこそが多様な生き方をしている人なのかと思います。
今日は細田画伯と「イノシシ画対決」をしました。

画伯対決「イノシシ」

二人とも個性的なイノシシを描きましたが、秋本さんはイノシシを描かずにマンモスを描いたので失格。今回は細田画伯の完全勝利となりました。
事務所にどっと笑いが起きたあと、秋本さんはそっと帰っていきました。

こんな風に、事務所には色々なお客様がいらっしゃいます。いろいろな方の話をするというのは、とても楽しく勉強になります。活力や元気をもらえます。人と話をすることって良いことだなとしみじみ思いました。アキモトさん、今日もありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数