画伯日記20181003:ミーティングはピリッと!

SCE理事の細田です。
いよいよ10月。
本格的な秋の訪れとともに SCEは来期の計画をたて始めます。
今年もその季節がやってきました。

画伯としては久しぶりの大作!

来期は大きく模様替えする予定もあり、例年にも増して何度も理事が顔を突き合わせています。
昨日もミーティングで、それぞれの意見を伝えつつ「私たちがいちばん思いを伝えたいクライアント」に向けてのベストな方法を探しました。

ちょっとひとやすみの時間には、お互いの「得意分野」を伝えあうミニワーク付き♪
普段は別々の活動をしている3人だからこそ、あらためて自分の力を発揮できるところを伝えてもらうとやる気が出るものですね。

ということで、私もすぐにやる気を発揮して、ミーティングの様子をイラストにしてみました。

グラフィックデザイナーでもある理事の遠藤に「なかなかのもんです」と、心からの(たぶん)お褒めの言葉をもらいました。
良し良し!

ミーティングのピリッと感が伝われば幸いです(^^;

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)