まかない日記180902

SCE代表の古川です。
きのうは、週末の夕方4時という、個人的には珍しい時間帯にパートナーシップさいたまへ。
いつもお会いする職員の方々が不在で、エントランスはしーんとしていました。

さいたま市男女共同参画推進センター

6月に担当した男性カレッジ2018参加者の学習記録誌を作成が進行中です。
その中締め的な編集会議とのことで、顔を出させていただきました。

編集委員から進捗報告

古川は講座の最終回に編集委員が決まったところからご無沙汰だったので、どんな雰囲気になっているのか興味津々でした。
けっこう個性豊かな面々で、チームワークがちょっとだけ心配でしたが、みなさんとても協力的!
さすが、組織で鍛えられてきた男性は、目標と配置が決まればあとはお任せできるんだなと感じ入りました。

プロフィール写真撮影も

ちょっとだけ時間をいただいて、今後の展望を含めたメッセージも伝えることができました。
「先生の後だしタスクにかかわると大変なんですよね~」などと言いつつけっこう満更でもないご様子(と古川の目には見えました)

けっこうノリノリ

新たな自主活動のご提案などもあり、ほんとにいい感じです。
ここから、さいたまの男性の生き方の新しい波が生まれるかも。
男性カレッジ2018修了生にご期待ください。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)