えんどう豆日記20180706:しごと準備講座「からだほぐし」お手伝い

SCE理事の遠藤です。
WithYouさいたま「しごと準備講座」の「からだほぐし」に、運営団体クッキープロジェクトさんのお手伝いとして入らせていただきました。
講師は健康運動実践指導者である竹森茂子さんです。

遠藤も一緒に身体をほぐしました

まずはじめに自己紹介。
自分の名前を隣の人にバトンタッチのように言ってぐるっと一周したり、反対方向にしたり、それからそれにそれぞれポーズをつけたり、そのあとそれぞれのポーズを全員で真似したりしました。
単純なのになぜか心が打ち解け合う自己紹介です。
ただ名前だけしか告げていないのに、身体を動かしながら名前を全員で言い合うことで、参加者全員がグンと距離が近くなったように思いました。
私も講座の前にアイスブレイクをしますが、今回アイスブレイクの良さをしみじみと肌で感じたような気がします。

それから、手や足、背骨などを掴んだり曲げたり伸ばしたりするストレッチ。
私はいつも型を意識して頭がこんがらがってしまうのですが、竹森さんはシンプルな動きを「自分が感じることを大切にして」「かたいなー、気持ちいいなー、身体を感じることが大事ですよ」と何度も自分の感覚のことを丁寧に教えてくださり、普段よりもやりやすかったです。
形や型に意識が行くとできない自分をダメだとなってしまうのかもしれません。
感じることに主眼を置いてストレッチをすると自然に気持ちよくできると思いました。
参加者の皆さんもとても反応が良く笑顔で、からだほぐしの時間を過ごしました。

終わった後のスッキリ感。
からだがほぐれると心もほぐれるのだと参加者の皆さんの顔を見て思いました。
皆さんの心がほぐれて心が通う様子も垣間見れていい時間でした。
ご参加の皆さん、クッキープロジェクトの皆さん、ありがとうございました。

しごと準備講座は7月10日まで参加者を追加募集しています(お問い合わせはこちら

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数