しごと準備講座H30第1期「導入」報告

SCE理事の遠藤です。
埼玉県男女共同参画推進センター「しごと準備講座H30①」報告です。

もう家にいるのは「飽きた・・・」でも1人では不安で 就職活動に踏み出せない、という女性のための、仲間と出会い、 「しごと」と出会うための「半歩」を応援する講座です。
運営はNPO法人クッキープロジェクトさんで、SCEは今年度も講師などでお手伝いします。

第1回は「導入」で、参加者顔合わせとガイダンス、SCE代表・古川のミニ講座でした。

しごと準備講座「参加者顔合せとガイダンス」グラフィックまとめ

参加者の皆さんは緊張気味で入っていらっしゃいましたが、クッキープロジェクトさんのあたたかい声かけや手作りの味があるぬいぐるみなどに緊張がほぐれ、いい雰囲気の中始まりました。
若尾さんのガイダンスでは、特に「おしごと体験」に期待や不安がうかがえました。
ガイダンスのあとは、SCE代表古川のミニ講座です。

ミニ講座「働きたい」のための、はじめの半歩 グラフィックまとめ

過去の嫌な出来事も全部ひっくるめて自分であり、それを「キャリア」として捉えたり、また、これから「自分でキャリアをつくる」ことがつぶ(さ)れない生き方につながるという話です。
未来はいいことばかりではなく嫌なことも起きるだろうけど、偶然起きたそれらの出来事に対して5つの武器(好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、リスクテイク)を使って、それらを「自分のキャリア」として積極的に捉えることができる。
嫌なことが起きた自分はダメだ、と落ち込むのではなく、自分自身と対話して、気付きながら人生を進んで行くことが大事です。

最後に「私がやることは私にしかできない。他の人がやったらもっとうまいくとは関係ない。私がやることに意味がある。」と、いつか自分で声に出して言ってみてくださいね、というメッセージがありました。

私自身も自分に起こった過去の嫌な出来事に苦しんだり、トラウマがあったりして、前に進めないことがあります。講座の後、「私がやることは・・・」を何回か声に出してみたら、なんだかジーンと響きます。そう、私にしかできなくて私だからできて、私じゃないと意味がないんだな、と思えました。参加者の皆さんも、口に出すことができて響くといいなと思いました。

この後、みんなでクッキーを食べながら自己紹介をしたり、聞きたいことや不安なことをシェアしてました。クッキープロジェクトさんの和やかさに触れて、入ってきたときより安心したのか、皆さん笑顔で帰られました。
とてもいい時間でした。

この後「しごと準備講座」はパソコン操作体験やおしごと体験などに続きます。私も講師を担当する予定です。参加者の皆さんとゆっくりと一緒に進んでいけたらと思います。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数