えんどう豆日記20180514「高等技術専門校」に行ってまいりました。

SCE理事の遠藤です。
埼玉県立川越高等技術専門校を見学させていただきました。
公共の職業訓練施設です。

作品の凄さに驚き!

電気工事科は配線を学ぶ為に、沢山の電源が壁についていたり、配線をテストするためのベニヤ板の壁がいくつもありました。
ビル管理科では、ビル内に設置されているものと同様の機械が置いてありました。
金属加工科では、金属加工をするための設備や機械が沢山ありました。
とても実践的な内容を学ばれているのだと感心しました。

木工工芸科ではカンナを何度も何度もかけている生徒さん達がいました。
若い方もいらっしゃいますが、会社を退職されてから木工の技術を学び家具の職人として次の道に進まれる方も多いそうです。
工芸に興味がある私はかなり惹かれました。
いつか勉強してみたいなぁ。

どの科もじっくり丁寧に授業を進めている様子でした。
働くことを意識しながら学ぶということは、学びがブレないような気がして、子どもたちが進路を決めるときの選択肢の一つにとてもいいところだなと思いました。
職業について訓練する学校なので、小学生などがここで学ぶ研修などがあったら、職業に対する意識も学べるような気がしました。

埼玉県で受けられる職業訓練は、専門校のほかにも各種のスキルアップ講習があるということで、その情報もいただきました。
WEBやCADなどに挑戦してみようかと思っています。
とても刺激を受けた1日でした。
埼玉県立川越高等技術専門校の皆さん、三宅校長、ありがとうございました。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供するココロアロマセラピストとして活動。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数