まかない日記20180331

SCE代表の古川です。
今月で「園活ナビゲーター」スーパーバイザー卒業です。
事業開始から250件近い相談にほぼひとりで対応してこられたナビゲーターSさんも卒業です。
立ち上げから2年間、本当におつかれさまでした。

園活ナビゲーターSさんと卒業記念ショット

幼稚園と保育園は成り立ちと仕組みが違うのですが、小さい子の預け先、となんとなくとらえていると、いざ自分の子を、となったときにそのあたりがよくわからず戸惑うことがあります。
園活ナビゲーターは、どちらも視野に入れつつ、基本的な情報提供から方向性を決めるお手伝いまで柔軟に対応する相談事業です。
H28年度にはじまりましたが、今回いろいろ見直しが行われ、従来の形の園活ナビゲーターは完結することになりました。

女性活躍推進法施行から2年たち、なんとなく女性が子育てしながら勤務することを「容認」する風潮は定着してきました。
しかし、あくまで「容認」に過ぎず、女性の働きぶりは相変わらず「しなやか」だの「細やか」だの「女性ならでは」だのといった冠をのせられています。
また、育児を男女の別なく、あるいは社会全体で担うというムーブメントは低空飛行のままです。

長時間労働を良しとする従来型の職場のあり方と、性別役割分業が動かない限り、どんなに法改正や制度導入が行われても、女性の負担が深刻化していく現状があります。
その解決の一助として企画された事業のスタートアップにかかわることができて光栄でした。
感慨深いです。