報告:H27シニア中小企業サポート人材プログラム③2日目

インターン棟方です。
前回に続き、中小企業サポート人材プログラム@東京しごとセンター2日目の見学レポートをさせていただきます。

2日目は、自己評価をもとにグループ単位でトークセッションが行われました。
昨日の自己紹介では、参加者の経歴が高レベルで驚かされたことが多かったのですが、自己評価の発表では意外にも「高い評価をつけづらい」など控えめな発言が多く、自己評価は年代に関係なく難しいことなのだと感じました。
そのほか「やって当たり前、仕事の必要条件」という意見や「仕事のことだけで考えていたが、ライフキャリアで考えてみると楽になった」という気づきもありました。
人脈を分析するワークで面白いと感じたのは、プライベートより仕事関係が多く見られたことです。
仕事から始まった関係も、時を重ねて友人や相談相手に代わっていくという発表もあり、そのつながりは、ビジネスでもプライベートでも新たな広がりになっていくのだと感じました。
私は社会人として駆け出しですが、仕事でもプライベートでも人との触れ合いが、今後において大切な財産になることを学びました。