開催報告:第25回はたらくらぶゼミ「カウンセラーの働き方改革」

SCE理事の遠藤です。
第25回はたらくらぶゼミ「カウンセラーの働き方改革」を開催しました。

講師は代表の古川

今回は、カウンセラーだけではなく様々な専門性の方がご参加でした。
自己紹介で各自が展開されているお仕事のお話をしてくださり、熱さが伝わってくる感じでした。

そのあと、今の悩みを挙げていただき、そこで出た皆さんの悩みから、「稼ぐこと」と「特色」の二つのグループに分かれて話し合いました。
悩みごとを整理したり、どんなことが必要かなどを言葉にしていくと、色々な気づきが生まれます。

最後に、各自「キャリアの背骨」を発表ました。
「私は___に___を提供し続ける存在です。」
という文の空欄に言葉を入れます。
なるべくシンプルに言葉を入れることで、自分の展開していきたいことや一番のセールスポイントが分かります。

遠藤は、「私は女性にスッキリした感じを提供し続ける存在です。」と入れました。
女性の方を対象にして、カオリエのパステルワークショップや講座の中で、無心だったり、自分の感覚に目を向けてもらって「スッキリ」してもらったり、イラストでも挿絵などで分かりにくいことを分かりやすくなって「スッキリ」していただく。そんなことを思いました。

フリーランスの仕事は孤独であり、自分の仕事の悩みを話す場がなかなかないので、こんな風に整理していくことや、色々な人と話しながら気づいていく場はとても必要だと思いました。
ご参加の皆さん、ありがとうございました。