H29シニア中小企業サポート人材プログラム④報告

SCE代表の古川です。
東京しごとセンターの中小企業サポート人材プログラム 最終回が終わりました。
今回はこれまでで最多の34人が修了とのことです。

34人の修了式。迫力です。

1・2日目に加えて、今年度から新たに最終日を担当することになり、ディスカッションしながら受講生全員のキャリア・サバイバルについて考えるというトークセッションを実施しています。
考える方も進行する方もハードですが、方向性や戦略を明らかにする効果があります。

このプログラムは、ある程度の規模の組織で長年マネジメントに携わった方を対象としています。
ほとんどの方が、これまで就職や転職では有利な立場にいらっしゃったのですが、55歳以上(上限なし)になると、ポストや報酬などの面で前職と同様の求人はそれほど多くありません。

現実と向き合い、自分が提供できるものと求めるものを明文化し、生活様式や家族との関係を再構築しながら行うことになります。
3日間かけて、再構築のステップを少しずつ体験していただきました。
できれば持ち帰って、自分で何度もやってみていただけるとうれしいです。

プログラムの期間にお仕事が決まった方もいらっしゃいますが、ほとんどの方の求職活動はまだ続きます。
いろんな面でうまくいきますように。