開催報告:第17回帝王切開ママの会W

SCE理事の細田です。
第17回帝王切開ママの会Wを開催しました。

お部屋に入ってこられた時から、皆さんとても張り詰めていらっしゃって、始まりと同時に涙が止まりませんでした。

「無事に生まれてきてくれたのに、どうしてこんな思いを持ってしまうのかわからない・・・」
「逆子を戻すことだけに必死になり、最後の大切な1か月をよく覚えていなくて・・・」
「なかなか子宮口が開かない時、助産師さんに「グラスフェッドビーフ」を食べてきなさいと言われ、7分間隔の陣痛が来る中、夫とレストランに食べに行きました。結局帝王切開になり、術中気持ち悪くなってしまいました」

帝王切開という言葉は知っていても、いざ自分の身に起きると、本当にわからないことが多く、さらに周りの声に惑わされている方もたくさんいらっしゃいます。

今回もゆっくり話して、いらしたときとはまったく違う笑顔で帰られました。

今日、たった一回話したところで気持ちがスッキリするはずがありません。
行ったり来たりしながら、少しずつ先を見ていけるようになるといいですね。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。