画伯日記20170823:ウーマノミクスって何ですか?

SCE理事の細田です。

先週からインターンの学生Dちゃんと一緒に仕事をしています。
外部講座に同行したり、開催報告を書いてくれたりしています。

そのDちゃんが昨日の夕方、私に尋ねました。

「ウーマノミクスって何ですか?」

私、目が大きく開いて、思わずメンバーのえんどうに助けを求めたのですが・・・・(汗)

言葉は知っていても、(大きな声では言えませんが)白紙の大人(?)にきちんと説明するのは難しい。いろいろな言葉は耳にするけれど、実際どれほどの知識を得たら、完璧な答えになるのだろう。
見る角度によって、置かれた立場によって違うものを、平たく「事実」として説明できる難しさを日々痛感しています。

私なりの「ウーマノミクス」

今日は、次号のセンター通信の取材のため、Dちゃんと一緒に 埼玉県男女共同参画課に行ってきました。

SCEは今年度、埼玉県の事業「女性からの政策提言講座」を受託しています。
講座タイトルは「私たちの想い」から新しい一歩が生まれるかもしれない講座」。
ご参加の方々がふだん生活する中で持っている問題点を解決する一歩につなげていただきたい、という思いもあります。

行政が発信する言葉、世の中で「普通」と言われることも、ちょっ立ち止まって考えてみると、わかっているようで言葉にできないことや 間違って覚えていた事もたくさんあります。
そんなことに気づいていただく機会になればとも思っています。

さて、「ウーマノミクス」については、その場にいた代表の古川が、Dちゃんにとてもわかりやすい事例とともに説明してくれました。
私はあたかも知っているかのような顔で「うんうん」と肯きながら聞いておりました♪

行田近辺にお住まいの女性の皆さん、ぜひぜひ11月からはじまる政策提言講座にご参加ください。
今の活動の場を広げるきっかけにもなるかもしれません。