開催報告:第21回はたらくらぶゼミ「帝王切開カウンセリング入門」

SCE理事の遠藤です。
第21回はたらくらぶゼミ「帝王切開カウンセリング入門」を開催いたしました。

今回も、帝王切開を経験した方、子育てママを支援している方、助産師、鍼灸師など、沢山の方がいらっしゃいました。
帝王切開カウンセリングの事を知りたい方の多さを改めて感じました。

細田さん自身の経験から始まり、たくさんの体験者のお話を聴きながらつくりあげてきた「帝王切開カウンセリング」。

5人に1人が経験するとされている帝王切開ですが、悪気のない言葉や心ない言葉で、傷つく方が沢山いらっしゃいます。そんな方たちに寄り添うにはどうしたらいいのか。
出産自体はおめでたいことだから、誰にも言えずにひとりで心の中におさめ、心の中の傷がジワジワ。産後うつの方も多いそうです。

「まず、話してもらう。話すことで自分は何がイヤだったのか、何が怖かったのか。それを自分で気が付いてもらうこと。そして、この場所に来れたことに自分で自分に拍手してもらいましょう。帝王切開は不本意だけど不幸ではないのです。」

細田さんのそんな言葉に、細田さんの大きな愛と寄り添う優しさを感じました。
私も支援者として、こんな風にお客様に寄り添いたいと思いました。
細田さん、ご参加の皆さん、ありがとうございました。