えんどう豆日記20170515:井の中の蛙だった私

SCE理事の遠藤です。
暑かったと思ったら、急に涼しかったりですが、体調は崩していませんか?

今日は「井の中の蛙だった私」の話。
「井の中の蛙大海を知らず」という、ことわざから拝借しました。

私は2010年から心理カウンセラーの勉強を始め資格取得に夢中になって、カウンセラーの資格を取った当初は「お客さんくるように頑張らなきゃ。」そんな一心でずっといた気がします。
実際に仕事でカウンセリングをやってみると、勉強した基本形通りにいかなかったり、自分の学んだ学説や手法だけで問題を解決しようとしてしまったり。

私の考えの中に当てはめてしまっていたんだと思います。
カウンセラーを始めた頃は、そんな感じで、全くうまくいかなかったです。

やがて、人の悩みの深さや悩みの種類の多さを知れば知るほど、自分の見えていた世界の狭さ(学びの浅さ)に気が付きました。

井の中の蛙は大海を知って、己の小ささに気が付く。

起業した以上は、学びはずっと続くとは思っていたけれど、自分が出来ることと出来ないことを知ること、そして認めることが大事だということに、最近気づきました。
ここからがやっとスタートかもしれません。
学びの幅を広げるチャンスでもあると思います。

そんなことをぼんやり考えている曇りの日です。

以上、えんどう豆日記でした。