カテゴリー別アーカイブ: カウンセリング

第21回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第21回SCEサポサポの報告です。

フリーランスのお仕事の方向性を決めていきたい方のご利用でした。
次のような感想をいただきました。

今までのやり方を変えたいと思って、今回サポサポを利用しました。
家族の問題もあり、しばらくは限られた時間の中で動くことになり、どちらかというとマイナスの気持ちになっていて、うーむと悩んでおりました。
状況や私の持っている(できる)ものなどを、じっくりと時間をかけて聞いてくださり、使える資源(アイデア)やHP作成のコンテンツ内容の整理などにも話が及び、ひとりで、もやもや考えていたことが一個一個道筋が見えてきました。
焦らず、またサポサポを利用しながらすすめていきたいと思います。

開催報告:第17回帝王切開ママの会W

SCE理事の細田です。
第17回帝王切開ママの会Wを開催しました。

お部屋に入ってこられた時から、皆さんとても張り詰めていらっしゃって、始まりと同時に涙が止まりませんでした。

「無事に生まれてきてくれたのに、どうしてこんな思いを持ってしまうのかわからない・・・」
「逆子を戻すことだけに必死になり、最後の大切な1か月をよく覚えていなくて・・・」
「なかなか子宮口が開かない時、助産師さんに「グラスフェッドビーフ」を食べてきなさいと言われ、7分間隔の陣痛が来る中、夫とレストランに食べに行きました。結局帝王切開になり、術中気持ち悪くなってしまいました」

帝王切開という言葉は知っていても、いざ自分の身に起きると、本当にわからないことが多く、さらに周りの声に惑わされている方もたくさんいらっしゃいます。

今回もゆっくり話して、いらしたときとはまったく違う笑顔で帰られました。

今日、たった一回話したところで気持ちがスッキリするはずがありません。
行ったり来たりしながら、少しずつ先を見ていけるようになるといいですね。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

3/26(月)第23回SCEサポサポ

SCEサポサポのご案内です。
「サポーターのサポート」略してサポサポ。
カウンセラーのための働き方相談です。
さいたまキャリア教育センター(SCE)個人会員が対象です。

アドバイザー:SCE理事
日時:10:00~11:00 または 14:00~15:00 (各1人)
場所:SCE事務所(さいたま新都心)
費用:無料 ※SCE賛助会員または正会員が対象
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「サポサポ申込」として、申込者氏名と希望日、時間帯、連絡先をお送りください。特に「聞きたいこと」「相談したいこと」を書き添えていただくとより効率的です。

3/22(木)第18回帝王切開ママの会W

帝王切開ママの会Wのご案内です。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたまの後援をいただき、さいたま新都心で開催します。

「帝王切開ママの会」は、帝王切開を経験した女性のための小さな集まりです。
育児や家事に追われる日々の中で心にかぶせた「フタ」を取って、素直な気持ちを話せる場所をご用意しました。
帝王切開カウンセラーと一緒に「私のお産」を振り返って、すっきりしませんか。
子連れ参加OKです。

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/3/22(木)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,000円
定員:3人(先着順)
申込:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「3/22帝王切開ママ申込」として、参加者氏名と連絡先、お子さんの年齢と同席の有無、帝王切開になった理由をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
さいたま市出身。帝王切開で3姉妹を出産し、2000年に「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られ、現在までに約400にのぼる体験や情報を掲載する。10年以上にわたり、各地で「帝王切開ママの会」を開催している。2013年8月、初の書籍『ママのための帝王切開の本』(共著)を出版。

第20回SCEサポサポ②

SCE代表の古川です。
第20回SCEサポサポの報告です。

現在活動中の内容について、これからどう発展させたらよいかというご相談でした。
次のような感想をいただきました。

一人で行ったり来たりしていたので相談させていただきました。
発展させたいけれど、その先に起きそうな心配事を考えると、どうしても一歩出せずにいたのですが、古川さんの視点はまったく違っていて、「なぜ発展させたいのか・・その根本がハッキリしていないから」とズバリ。そのうえで私の言葉の中からいくつかの道を提案していただき、その先に見える景色も一緒に想像していきました。
やってみたい、こうしてみたい・・を考えるのは簡単です。でも、そこにどんな意味があって、どんな目的を持っているのかをハッキリさせておかないと、活動自体がブレますね。わかっていたつもりですが、軌道修正していただき、もう一度深く練る必要性がハッキリしました。

第20回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第20回SCEサポサポの報告です。

この春から事業を始められ、たいへんヒットしているという方がご利用です。
事業の成り立ちからの振り返りを行い、この先の展開をご一緒に考えました。

次のような感想をいただきました。

自分の頭の中でモヤモヤしていたことを、じっくり時間をかけて聞いていただいたことで、「モヤモヤの本質」がかなりクリアになり、終わったあとは霧が晴れたかのような爽快感がありました。
普段から「問題の本質はここですよ」と古川さんから指摘されていて、なんとなくそうだという自覚はあったのですが、今日のサポサポで、「その問題を打開するためにはここに焦点化して考えていけばいいのでは」というヒントをいただけたので、ようやく今後の進み方がはっきりしてきた気がします。
「わかってもらえた安堵感」と、「これからこうすればいいとスッキリする爽快感」がセットな感じのサポサポ、さすがの一言です。迷いや悩みを抱えた多くの方にオススメしたいです。

開催報告:第7回カオリエの会W

SCE理事の遠藤です。
第7回カオリエの会W を開催しました。

今日は初めてご参加の方と2回目のご参加の方でした。
カオリエの会では、カオリエを描く前に2回練習をします。
2回目のAさんは慣れた手つきで自由に色を混ぜ楽しみながらパステル画を描いていました。初めてのBさんは最初はパステルに戸惑っていましたが慣れてくるにつれ、「わー!楽しいね!」と声を上げていました。

和気あいあいな雰囲気

今回使った精油は「シナモンリーフ」。料理のスパイスに使う「シナモン」は樹皮ですが、シナモンの葉の精油です。
香りはやはり「シナモン」の香りですが、クローブにも少し似たスーッとした印象がある香りです。
この香りを嗅いで、AさんもBさんも温かい印象を持ったようで、赤やピンクの色を使ったカオリエができてきました。

今回も素敵な作品が仕上がりました。

今日はお2人ということもあり、和気あいあいな雰囲気でした。子育てやアロマテラピーの事についてお話もしながらの会になりました。
終わった後、スッキリした笑顔で「また来ます」とお帰りになりました。

参加者の皆様ありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしています。

2/20(火)第8回カオリエの会W(じっくり)

「カオリエの会W」のご案内です。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援事業です。

「カオリエ」はアロマテラピーとパステルを活用してリラックスする時間です。
今回は「じっくり」なので、基礎事項の説明を抜きにして、時間いっぱい、集中してご自分のカオリエを制作する場です。
ココロアロマセラピストがご一緒します。

講師:遠藤ひろみ(ココロアロマセラピスト/SCE理事)
日時:2018/2/20(火)10:00~12:00
会場:会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,500円(材料費など含む)
定員:3人(先着順)※エプロンとマスクが必要な方はお持ちください(パステルの粉が細かいため)
申込:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「2/20カオリエ申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、SCEからの返信メールが受信できるように設定してください。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。結婚生活や仕事と子育ての両立等に悩んだ経験から、アロマセラピーや心理カウンセリング等を学び、2013年より、心理カウンセリング、アロマセラピー、イラスト表現等を複合した独自の手法で、ココロアロマセラピストとして活動する。

2/19(月)第22回SCEサポサポ

SCEサポサポのご案内です。
「サポーターのサポート」略してサポサポ。
カウンセラーのための働き方相談です。
さいたまキャリア教育センター(SCE)個人会員が対象です。

アドバイザー:SCE理事
日時:10:00~11:00 または 14:00~15:00 (各1人)
場所:SCE事務所(さいたま新都心)
費用:無料 ※SCE賛助会員または正会員が対象
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「サポサポ申込」として、申込者氏名と希望日、時間帯、連絡先をお送りください。特に「聞きたいこと」「相談したいこと」を書き添えていただくとより効率的です。

開催報告:第16回帝王切開ママの会W

SCE理事の細田です。
第16回帝王切開ママの会Wを開催しました。

この会では、「意地悪な自分を出していってくださいね」とお伝えしています。
身近な人の言葉に傷ついているけれど、だからこそ言葉にできず モヤモヤを抱えたままの女性も多いのです。

今日ご参加のお二人も、普段なかなか言えない心の内をゆっくり話してくださいました。
言われて悲しかった言葉、それに反応してしまう自分、変だな~とは思っていたけれど腑に落ちなかった病院の処置・・・
そうして話しているうちに、味方になってくれた人や 手を握ってくれていた人のことも思い出します。

「母親学級でも、帝王切開についてはまったく聞いた覚えがありませんでした」という方も多く、
「ママのための帝王切開の本」(中央法規)をご夫婦で読んで「安心できました」と伝えてくださいました。

お話の後、みなさん安心した顔になります。

感想をいただきました。
・日常生活の中ではお産について語ることも聞くこともほとんどなくなったので、
出産の時何を思っていたのか、今何がひっかかっているのか、改めて考える時間が得られて良かった。

・帝王切開ママだけで話す機会がとても貴重だと感じました。一口に帝王切開と言っても、手術の様子、手術前後のこと、病院の対応、家族からの言葉かけも本当に違うんだと感じました。声に出して話すとすごくほっとした感じがしました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。