カテゴリー別アーカイブ: はたらくらぶカフェ

開催報告:第34回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:こころの健康」

SCE理事の森實です。
第34回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:こころの健康」を開催しました。

ゲストは埼玉県立精神保健福祉センター神前まい子さん

こころの健康を保つためにはセルフケアが必要なこと、自分に合うケアは人それぞれに異なることを、事例などをもとに学びました。
また、眠りとうまく付き合うコツや、湧き出る感情をどのようにコントロールするか、余暇の過ごし方など、日常ですぐに実践できる方法もご紹介いただきました。
はたらくらぶカフェでは、参加者がそれぞれの体験や感想をシェアする場をもっていますが、今回もそれぞれの体験の中から、こころとどのように向き合っているのかをテーマに、それぞれの思いをシェアする濃厚な時間となりました。

精神のケアについてサービス情報がこんなに!

こころの健康をめぐる問題は、「わたしは大丈夫。わたしには関係ない。」などと思いがちですが、実は誰にでも起こりうることです。
自分のこころと折り合いをつけつつ毎日を過ごすために、セルフケアの大切さをあらためて感じました。

次のような感想をいただきました(抜粋)

・とても楽しく聞かせていただきました!!精神保健福祉は自分とは離れた場所だと思っていましたが、セルフケアの方法を知っておくことで、防げることもあると分かりました。
・「心の健康」という本当に「私には関係ない」と思ってしまう方も多いので(私も)何か良いとっつきやすいタイトルがあるといいですね。対人関係療法の本も読んでみたいと思いました。
・自分の中でホッとする気持ちが湧いてきました。
・精神保健福祉センターへの敷居がとても高く感じていて、重症患者さんへの場所とも思っていました。センターの取り組みのことや、また主催でいろんな講座を開いていらっしゃることを知り、とても身近に感じられました。講座などは積極的に参加してみたいと思いました。
・皆さんもそれぞれ思いがあるんだなあと、自分だけが苦しい思いを抱えていたわけではないんだなと分かりました。
・終了後は「とりあえずなんかスッキリ!」というような感覚でいっぱいでした。
・もし困っても、保健所に連絡するなどまず入口がわかっただけでも良かったと思っています。

神前さん、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

2/17(金)第34回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:こころの健康」

はたらくらぶカフェのご案内です。
好評企画「のら新井さんと学ぶ埼玉」シリーズは、「県政出前講座」の職員さんと、ヘルシーカフェのら店主・新井純子さんのトークセッション。
今回は「こころの健康」をテーマに、埼玉県の取り組み等を知り、語り合います。
どなたでもご参加いただけます。

2/17(金)第34回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:こころの健康」
ゲスト:新井純子さん(ヘルシーカフェのら店主)
埼玉県精神保健福祉センター担当職員
日時:2017年2月16日(金)14:00~15:30
会場:ヘルシーカフェのら
(さいたま市南区鹿手袋7-3-2 電話048-607-3007)
※できるだけ公共交通機関でおいでいただけると助かります。お車の場合はその旨お知らせください。
参加費:2000円(1ドリンク付)
定員:15名
申込方法:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「2/16申込み」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<新井純子さんプロフィール>
1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。論文「孤から個へ-そして人とつながって」で、日本女性学習財団2008 年度「女性の学習の歩み」実践・研究レポート佳作入選。2009年より、さいたま市南区で、子連れにやさしいコミュニティカフェ「ヘルシーカフェのら」を運営。さまざまなワークショップが行われる「広場」から多彩なネットワークが広がっている。

インターンM日記20160915:第33回はたらくらぶカフェ報告

インターンMです。
本日はヘルシーカフェのらで、第33回はたらくらぶカフェでした。
2016091514180000.jpg
午前中はパソコンの自動更新で時間がかかったので事務所で待機し、まかないを食べました(一口ひれかつ美味しかったです♪)。
自動更新が終わってから、急いで古川さんと一緒にヘルシーカフェのらに移動しました。
とてもいい雰囲気のお店です。

はたらくらぶカフェのテーマは「のら新井さんと学ぶ埼玉:女性の健康をめぐるあれこれ」でした。
埼玉県庁の土屋さんのお話は、不妊治療や保健所のことなど、自分の今後に関わることだったのでとてもいい勉強になりました。
「不妊治療の半数は男性が原因となっている」ことや体外受精のお話など、初めて知ることばかりでした。
参加しているみなさんのお話もとても興味深かったです。
そこで話を上手くまとめる古川さんの言葉が改めて凄いなと思いました!

講座が終わったあと、新井純子さんと森實さんと遠藤さんと4人で餃子を食べながらお話をしました。
大人のいいお話が聞けて、経験値が上がった気分になり楽しかったです。
餃子もとっても美味しかったです!
インターンが終わっても、またヘルシーカフェのらに行きたいなと思いました。

9/15(木)第33回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:女性の健康をめぐるあれこれ」

はたらくらぶカフェのご案内です。
好評企画「のら新井さんと学ぶ埼玉」シリーズは、「県政出前講座」の職員さんと、ヘルシーカフェのら店主・新井純子さんのトークセッション。
今回のテーマは「女性の健康をめぐるあれこれ」です。
埼玉県庁の取り組み「生涯を通じた女性の健康のために」についてお聞きします。
araijunko
9/15(木)第33回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:女性の健康をめぐるあれこれ」
ゲスト:新井純子さん(ヘルシーカフェのら店主)
埼玉県健康長寿課担当職員
日時:2016年9月15日(木)14:00~15:30
会場:ヘルシーカフェのら
(さいたま市南区鹿手袋7-3-2 電話048-607-3007)
※できるだけ公共交通機関でおいでいただけると助かります。お車の場合はその旨お知らせください。
参加費:2000円(1ドリンク付)
定員:15名
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「9/15申込み」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<新井純子さんプロフィール>
1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。論文「孤から個へ-そして人とつながって」で、日本女性学習財団2008 年度「女性の学習の歩み」実践・研究レポート佳作入選。2009年より、さいたま市南区で、子連れにやさしいコミュニティカフェ「ヘルシーカフェのら」を運営。さまざまなワークショップが行われる「広場」から多彩なネットワークが広がっている。

開催報告:第32回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:埼玉シニア革命とは?」

SCE理事の遠藤です。
第32回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:埼玉シニア革命とは?」を開催しました。
2016063001
埼玉県庁シニア活躍推進課の池澤さんから、今年度スタートした「シニア革命」という事業についてお聞きしました。
「シニア革命」は、シニア世代が社会の中で「支えられる側」ではなく「支える側」として活躍するための取り組みで、「健康長寿」「就業支援」「社会参加」の三本柱から成るそうです。
シニア活躍推進課が主に取り組むのは「就業支援」で、埼玉県内では60代の方の8割が就業を望んでいるという現状にもとづき、企業とシニア、どちらに対しても働きかけをしていくということです。

続いてご参加の皆さんから一言ずついただきました。
性別・年代・立場も様々ながら、「シニア革命」というインパクトある言葉にひかれて来てくださった方々です。
説得力ある経験談や、「シニア革命」に寄せる期待などの発言からは、少子高齢化・経済不安などにより、生きづらく息苦しい今の生活が「革命」でどうにかなるのかもしれない、どうにかしてほしい、という気持ちがありありと感じられました。
そして新井さんからも、鋭いツッコミや問題提起など、熱いトークがありました。
2016063002
池澤さんは皆さんの言葉に真摯に耳を傾け、何度もうなずいていらっしゃいました。
いろいろと突破すべき壁が見えましたが、シニアが本当の意味で活躍できて、幸せや喜びが感じられる社会になったらいいなと思いました。
池澤さん、新井さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

開催報告:第31回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:ネットいじめ」

SCE理事の細田です。
第31回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:ネットいじめ」を開催しました。

埼玉県生徒指導課持田さんと、ヘルシーカフェのら店主の新井純子さんのトークセッションは、今の埼玉県のネットいじめの現状も見え 大変わかりやすくもあり、課題もたくさんあることをあらためて知ることかできた講座でした。
携帯を持つ時期としては学童や塾通いが始まる4年生が多いこと。
今は、赤ちゃんの時期からスマホを“おもちゃ”として見ている時代なので、未来にはまた違う問題が起きてくるであろうこと。
私は思春期育て中の保護者にお話をする機会も多いのですが、各地でインターネットに関しての心配も耳にします。
LINE、ツイッターなど、保護者にはなかなか見えないところでのいじめもたくさんあります。
もちろん、保護者の間でも同じようなネットいじめが起きていますから、まさしく大人の背中も見られているのかもしれません。
県では、サイトの監視も実施したり、通報窓口も開設しているそうです。
ネットいじめをなくすために、いつ・誰が・どんな時に・どんなふうに動いたらいいか・・・
悲しい事件を減らすためにも、まずは私たち大人がしっかり考えていかなくてはいけないと考えさせられました。
持田さん、新井さん、ご参加の皆さん、ありがとうございました!

6/30(木)第32回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:埼玉シニア革命とは?」

はたらくらぶカフェのご案内です。
好評企画「のら新井さんと学ぶ埼玉」シリーズは、「県政出前講座」の職員さんと、ヘルシーカフェのら店主・新井純子さんのトークセッション。
今回のテーマは、「埼玉シニア革命」です。
埼玉県庁に新設されたシニア活躍推進課の事業「シニア革命」についてお聞きします。


6/30(木)第32回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:埼玉シニア革命とは?」

ゲスト:新井純子さん(ヘルシーカフェのら店主)
池澤尚人さん(埼玉県シニア活躍推進課)
日時:2016年6月30日(木)14:00~15:30
会場:ヘルシーカフェのら
(さいたま市南区鹿手袋7-3-2 電話048-607-3007)
※できるだけ公共交通機関でおいでいただけると助かります。お車の場合はその旨お知らせください。
参加費:2000円(1ドリンク付)
定員:15名
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「6/30申込み」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<新井純子さんプロフィール>
1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。論文「孤から個へ-そして人とつながって」で、日本女性学習財団2008 年度「女性の学習の歩み」実践・研究レポート佳作入選。2009年より、さいたま市南区で、子連れにやさしいコミュニティカフェ「ヘルシーカフェのら」を運営。さまざまなワークショップが行われる「広場」から多彩なネットワークが広がっている。

4/21(木)第31回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:ネットいじめ」

はたらくらぶカフェのご案内です。
好評企画「のら新井さんと学ぶ埼玉」シリーズは、「県政出前講座」の職員さんと、ヘルシーカフェのら店主・新井純子さんのトークセッション。
今回のテーマは、「ネットいじめ」です。
ネットいじめやネットトラブルの傾向と、埼玉県では子どもを守るためにどんな取り組みが行われているのかを知り、新井純子さんやご参加の皆さんと意見交換しましょう。
ご参加お待ちしています!

4/21(木)第31回はたらくらぶカフェ「のら新井さんと学ぶ埼玉:ネットいじめ」
araijunkoゲスト:新井純子さん(ヘルシーカフェのら店主)
持田貴嘉さん(埼玉県生徒指導課担当職員)
日時:2016年4月21日(木)14:00~15:30
会場:ヘルシーカフェのら
(さいたま市南区鹿手袋7-3-2 電話048-607-3007)
※できるだけ公共交通機関でおいでいただけると助かります。お車の場合はその旨お知らせください。
参加費:2000円(1ドリンク付)
定員:15名
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「4/21申込み」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<新井純子さんプロフィール>
1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。論文「孤から個へ-そして人とつながって」で、日本女性学習財団2008 年度「女性の学習の歩み」実践・研究レポート佳作入選。2009年より、さいたま市南区で、子連れにやさしいコミュニティカフェ「ヘルシーカフェのら」を運営。さまざまなワークショップが行われる「広場」から多彩なネットワークが広がっている。

開催報告:第30回はたらくらぶカフェ森俊明さん「さいたま発・高齢化時代の新しい安心のカタチ”みまサポ”プロジェクトとは?」

事務局古川です。
第30回はたらくらぶカフェ森俊明さん「さいたま発・高齢化時代の新しい安心のカタチ”みまサポ”プロジェクトとは?」開催しました。

新しい見守りサービス”みまサポ”の内容に加え、森さんご自身の職歴や、起業の背景なども聞かせていただき興味深かったです。
アジアの中でも高齢化が深刻な日本、その日本の中でも深刻な埼玉で、行政や非営利だけでなく、ビジネスの観点からこのような取り組みが出てくると、社会全体として当事者意識(ヒトゴトでないという認識)を持つことが可能になってきます。
森さんは穏やかな語り口で、その大事な一歩を踏み出していることを話してくださいました。
福祉関係やITの専門職、起業準備中など、さまざまな方のご参加があり、ランチしながらのプチ交流も盛り上がりました。

次のような感想をいただきました。
・高齢化の問題は、いろいろな局面で聞いておりましたが、見守りというサービスの視点で整理するとスッキリしてきました。今後は、民間企業・行政・エリアとどうかかわると良いか考えてみたいと思います。
・有意義な時間でした。無料モニターに申込みいたします。独居の母に利用したいと考えております。
・見守りについては、要支援のケアマネをしている中で、常に課題としてついて回る問題なので、お話をうかがえて良かったです。家族がいない方のみ守り等にも活用できるように幅が広がっていくと良いと思います。
・みまサポ・・・関心はあります・・・利用してみたいです。まずはスマホに変えてからですが・・・
・お客様が何が必要なのか、どれだけ期待されているのか、業種によって見方が変わってきて、いろいろな思いがよくわかりました。
・予防という観点はすばらしいと思います。
・親とコミュニケーションをとりながら、見守りができる、子ども側としてはすごく安心なシステムだと思います。高齢出産が多くなり、育児と介護を一緒にしなくてはいけなくなる家庭も増えてくるかと思います。重大な状況になる前に予防できる画期的なシステムで、ぜひ利用したいと思います。
・毎日高齢者の家族の方とお会いしているので、みまサポを伝えていきたいと思います。
森さん、ご参加のみなさん、ありがとうございました!

開催報告:第29回はたらくらぶカフェ渚いろはさん「埼玉フリーランスマザーランチ2015」

事務局の細田です。
第29回はたらくらぶカフェ渚いろはさん「埼玉フリーランスマザーランチ2015」を開催しました。

フリーランスで仕事をしている子育て女性が、それぞれの悩みや思いを共有し、解決法や今後の展開についてシェアする貴重な機会でした。
ゲストの渚いろはさんから、ご自身の仕事について、これまでの経緯や、仕事と家族との時間をどう捻出していくか、等をお聞きした後は、参加者どうし生の声を伝えあいました。
自分自身や仕事への価値について立ち止まる方も多く、同じ立場の人の意見を聞ける場は本当に大切です。
子どもの年齢によって、職種によっても悩みは違いますが、情報を得る場所、語り合える場が必要だと皆さん声を揃えておっしゃいました。
「ぜひ次回の開催を!」という声もいただきました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
ヘルシーカフェのらさんのしょうが焼きランチ。

たっぷりの地元産野菜とやさしい味付けが、さらに話を弾ませてくれました。
今回は、市民グループあれあれあ共催「全労済地域貢献助成事業」としての開催でした。
お世話になりました!