カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

えんどう豆日記20180805:高校生ファシリテーター養成講座(2回目)報告

SCE理事の遠藤です。
特定非営利活動法人Arts&Healthさいたまさん主催「高校生ファシリテーター養成講座」にボランティアスタッフとして参加しました。
7/29からスタートしている連続講座で、今回は2回目です。
参加者が、各自の名札についているお花の名前のテーブルに分かれて、ワークショップが始まりました。

グラフィッカーさんによるグラフィックレコーディング

この取り組みを長年続けている、静岡県牧之原市の地域ファシリテーターさんがワークショップ進行を、グラフィッカーさんがワークショップの様子を描くグラフィックレコーディングを担当されていました。
メインファシリテーターは大学生!
牧之原市の高校生ファシリテーター養成講座に参加した時からこの活動にかかわり続けているそうです。
参加のきっかけとこれまでの経緯も聞かせていただきました。

私もグラフィックレコーディングにチャレンジ

私たちも、グラフィックレコーディングにチャレンジしました。
グラフィックを使うことで、言葉をより伝えやすくなること、グラフィックを介してその議論の内容が自分の中で育っていく様子が分かりました。
でも、話されていることをその場でグラフィックを使ってまとめるのは難しいです。

後半のテーブルはクマガイソウ

後半はグループをシャッフルして、新しいワーク。
テーマは「もっとみんなが話しやすくするには」で、付箋にそれぞれがキーワードを書き、お互いにそれについて語った後、グループの意見をまとめて発表しました。

「高校生ファシリテーター養成講座」は、高校生も大学生も社会人も対等に、共通のテーマを考え話し合う、なんだかすごい現場でワクワクしました。
もし自分が高校生の時に、こんな風に自分の考えを自由に話して受け入れて貰える場があったら、とっても素敵だったろうなと思います。

もっともっと高校生や大学生、老若男女すべての人が、こんな風に対等に話しあえる場で、地域のことを話し合っていけたら、さいたま市はもっといい街になるだろうと思います。
そして若い人たちが場を引っ張っていくなら、より活発になるでしょう。
さいたま市では初めての取組みということで、是非続けて欲しいと思いました。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

画伯日記:20180802印刷完了!

SCE理事の細田です。
私が担当しているSCE通信は2ヶ月に一度の発行です。
今年度は特集で「おとなカレッジ」にご登壇くださる方たちの人となりをご紹介させていただいています。

最近は印刷もマスターしました

8・9月号は、9/26(水)に開催の、第3回おとなカレッジ でお話ししてくださる城内和美さん(こころとからだのメンテナンス治療院PolePole主宰)へのインタビューを掲載しています。
城内さんの生き方も、それはそれは変化に富んでいらっしゃる!
今から楽しみです。

無事に印刷が終わったので、これからお会いする皆さまにもお渡しできると思います。
どうぞ楽しみにしてくださいね。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

まかない日記20180801

SCE代表の古川です。
8月になり、危機を迎えていたまかないが本日から復活!
ですが今日はひとり出勤で写真が撮れず・・・これからもお休みなく続くことを祈って、ちょっと前の画像ですがこちらを。

かんたん酢鶏

なんか見覚えありますね・・・そう、この画像の左側は、えんどう豆日記20180620:困っています!いい講座なのに!! に出ていた、全身で困る理事の遠藤です(講座の方はおかげさまであの後、続々とお申し込みをいただきました。ありがとうございます)。

そしてこの画像の右側、誇らしげオーラ全開なのは同じく理事の難波。
今年度、SCE理事に就任し、調査研究を担当しています。
テーマは「生涯学習としてのキャリア教育」で、今年度内に論文の形でまとめるために、現在、水面下で動いたり考察を重ねたりしてもらっています。

SCEの活動趣旨は傍からはわかりづらいものがあり、よく子育て団体と間違えられたりしますが、この論文が仕上がった暁には「そういうことだったのか!」とおわかりいただけるはず。
約1年かけて取り組む調査研究なので期待を寄せております。
場合によってはこれを読んでくださっているあなたに、調査のご協力を求めることがあるかもしれません。
その際はなにとぞよろしくお願いいたします。

そしてまかないも続きますように。
なにとぞよろしくお願いいたします。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

画伯日記20180718:わたしは画伯

SCE理事の細田です。
どなたに会っても、まずは「暑いですね~」が挨拶になってますね。
そんな暑さの中、私のFacebookに飛び込んできたのが「肉関連企業5社を集めてニクレンジャーを結成する」というなんとも楽しい記事!

最初に名乗りを挙げた「吉野家」がヨシノヤオレンジ。
そしてガストがレッド、ケンタッキーがホワイト、モスバーガーがグリーンと次々に集結。
最後に松屋がイエローを名乗り出たのですが、
「松屋イエローの絵が画伯っぽいのよね~」とつぶやいて画像を見せたら、

松屋イエロー(本家)

続きを読む

えんどう豆日記20180706:しごと準備講座「からだほぐし」お手伝い

SCE理事の遠藤です。
WithYouさいたま「しごと準備講座」の「からだほぐし」に、運営団体クッキープロジェクトさんのお手伝いとして入らせていただきました。
講師は健康運動実践指導者である竹森茂子さんです。

遠藤も一緒に身体をほぐしました

続きを読む

画伯日記20180703:ステキな女性の生き方をお届け!

SCE理事の細田です。
毎日暑いですね。
夏バテしないためにしっかり食べているので、逆に身体が重くなってきております。

さて、今年度から新しく始まった「おとなカレッジ」は、さいたまで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
3回めに登場してくださる城内和美さんに、お打ち合わせも兼ねてお話を伺ってきました。

鍼を持つ城内さん(想像)

続きを読む

えんどう豆日記20180621:「生涯学習としてのキャリア教育」基礎資料プレゼン2

SCE理事の遠藤です。
昨日に続きえんどう豆日記です。
同じく理事の難波の、調査研究「生涯学習としてのキャリア教育」の基礎資料プレゼンを聞きました。

主な内容は、代表理事の古川が、毎年東京しごとセンターで講師を務めている「中小企業サポート人材プログラム」(←年齢55歳以上で仕事をお探しの方、大手・中堅企業等においてマネジメント歴が5年以上ある方に向けてのプログラム)の見学レポートです。

プレゼンをグラフィックでまとめる修行中

続きを読む

えんどう豆日記20180620:困っています!いい講座なのに!!

SCE理事の遠藤です。
困っています。

全身で表現

カオリエの会W と 第1回サポセミ「ライフキャリア分析でつくる!自分だけの名刺」 の広報が去年のように出来ていません。個人の仕事が増えて忙しくなったのもありますが、あーどうしようと、頭の中で考えて・・・ひとりで焦っており・・・

続きを読む

まかない日記20180619

SCE代表の古川です。
きのう発生した大阪の地震は今も余震が続いています。
個人の生活はもちろんですが、企業活動への打撃も大きいです。
まずは救助や避難が急務ですが、産業への影響は長く続き、今後、雇用や働き方にも響いてきます(「定額働かせ放題」審議している場合じゃないのでは)。

H30NWECフォーラム特別講演

国立女性教育会館(NWEC)男女共同参画推進フォーラムのご案内をいただきました。
毎年開催されていますが、今年度は働き方を取り上げるようで、大きく掲載されている特別講演のタイトルは「すべての男女が活躍でき、働きやすく暮らしやすい社会を創る」というものです。 続きを読む