SCE事務局」カテゴリーアーカイブ

第30回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第30回SCEサポサポの報告です。

定年後の長い人生をどう生きて、どう働いていくか、についてのご相談でした。
ご本人はまだ先、という年代なので、構想や準備も含めてのお話です。
次のような感想をいただきました。

古川さんの言葉一つ一つが心にストンと胸におちてきました。憧れや、やってみたいことを、仕事にすることの難しさ。仕事にしたいことに向けて、今やるべきことを明確にする。そして、私の最大の武器は。
古川さんに話しながら、ボンヤリ考えていただけで、考えが深まっていないことが次々に明らかになりました。あっという間の楽しい時間でした。じっくり向き合って、しっかりお話をきいてくださり、心から感謝いたします。来年の今ごろ進捗を報告したいです。

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

事務所移転します(2019年3月下旬)

SCEは2019年3月下旬に事務所移転を予定しています(わりと近所です)
新しい連絡先等きまりしだいお知らせします。

メールアドレスは変更ありません。
SCE代表:office@s-ce.shigoto.bz
SCE情報:info@s-ce.shigoto.bz
SCE講座:koza@s-ce.shigoto.bz

現在、次年度の新しい活動を準備中です。
インターネットを中心とする計画ですが、リアルもなくなるわけではありません。
最新情報は随時アップします。
ホームページ ← チェックしてください。

SNSでつながっていただくと、最新情報を確実にお届けできます。
Facebookページ ←「いいね!」をクリック
Twitter ←「フォロー」する

さいたま新都心を離れても(そんなに離れない予定ですが笑)ひき続きおつきあいください。
よろしくお願いいたします。

年末年始のお休みについて

2018年のこすところあとわずかとなりました。
今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

年末年始のSCE事務所についてご案内です。
12/27~1/7 お休みです。

メールとFAXは受信できます。
お返事は1/8以降となります。
ご理解いただければ幸いです。

来年SCEはちょっとした変化がある予定。
ひき続きよろしくお願いいたします。

戌年お世話になりました(画伯)

Instagramアカウント削除のお知らせ

突然ですがお知らせです。
SCEのInstagramアカウントを削除しました。

こんな感じのおしゃれSNSです

2017秋から利用していました。
一時はかなりがんばって投稿しました。
しかし、ありていに言って私たちの活動は

インスタ映えしません(T_T)

ここまでの活用履歴を振り返り、いったん離れようという結論に至りました。

フォローしてくださったみなさんスミマセン。
もしよかったら今後はSCEのサイトで情報チェックしてくださいませ。

しかし、一通り使い方を理解したことや、どんな方が有効活用なさっているのかがわかったことは収穫です。
いつか私たちも、きらきらまばゆい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°画像をアップしたくてしようがなくなるかもしれません。
そのときはまた、インスタでお目にかかります。
それまでさようなら(。・ω・)ノ゙

キャリアコンサルタント養成講習運営委員会:第1回

SCE代表の古川です。
このたび、キャリアコンサルタント養成講習の運営委員を仰せつかりました。

キャリアコンサルタント養成講習運営委員会

国家資格キャリアコンサルタントの試験合格を目標とする講習で、主催なさるのは一般社団法人地域連携プラットフォームさんです。
代表の柴田郁夫さんが独自の着眼点で人選なさった、各分野の専門家・実践者の方々とご一緒し、3時間ほど熱い議論に接して勉強になりました。
『キャリアカウンセラーという生き方』を刊行して以来、活動の幅が広がってきた感があり、この機会もその一つです。ありがたいことです。

地域連携プラットフォーム(埼玉県志木市)

こちらの団体は、養成講習のほかにも、企業支援や民間学童保育、知育など、さまざまな分野で事業展開なさっています。
その特色を活かして、地域密着型のキャリアコンサルタントの拠点となっていけるよう、微力ながらお役に立つべく、精進して参加したいと思います。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

インターンS総括レポート「これから社会に参加する人たち」

はじめに
まず、今回のインターンシップでは主に古川さんに同行して、これから何かをはじめようとする人や社会参加をしようとしている人と関わる機会が多かったため、その経験から学んだことについて述べます。

参加させていただいた講座について
東京しごと財団「シニア中小企業サポート人材プログラム(以下:中サポ)」について述べます。中サポでは、55 歳以上の管理職に就かれていた約 30 人の方が参加されていました。
このプログラムは、一度退職された方を対象とする再就活のための講座であり、働き方・生き方などを一度考え直すための期間であったと考えます。特に第一回・第二回では、現在の自分について見つめ直し今までの経験から学んだことだけでなく、過ごした時間から得たことなどを自分で整理する時間を設けました。それによって、自分について深く理解し、講座を受けている期間に足りないと感じたことを補うための良い機会になったと考えました。
例えば、第二回の時に実施された人脈シートという自分の年齢より±30 歳の知り合い・経営者などの項目に沿って記入していくワークを行いました。思った以上に名前が挙がらなかった方は、プログラムの期間を利用して様々な方に連絡を取り人脈を広げる努力をしたと仰っていました。このことから、これから就活するにあたって足りないことを見つけ、改善するための貴重な時間になったと思いました。また、得意を増やし高めることで自分の価値を見出すことができ、働き方や生き方を自ら考え選択できるようになると考えました。
続いて、SCE 主催「企画アイデア100 連発」、さいたま市主催「女性活躍という空気感」について考察します。この二つの講座の参加者が全員女性だったことが印象に残っています。
「企画アイデア100 連発」では自分の将来像を他の方と共有し、「なりたい自分」を明確にしました。私も参加者の方に混ざって一緒に体験させていただきました。少人数で行うことで様々な方と交流を深めることが出来ました。そして、他の方とアイディアを共有することで今まで考えたこともないような新しい発見もありました。
さいたま市主催の女性向け講座「女性活躍という空気感」では、実際に社会で働いている方のお話を聞くことが出来ました。「会社と私」というテーマで今までの自分たちの経験を共有したり、戦時中や戦後の政策による女性の立場の変動について学びました。そして今おかれている状況について、深く考えるようになりました。「女性が活躍する社会」を目指すという女性活躍推進法は、今まで社会の中で蔑ろにされていた女性を上手く活用することで全体の労働力を保たせるために行われていると考えました。そして、その結果、女性にとって生きにくい社会になっていると思います。
女性に働くことと出産や育児を両立することを求める風潮があり、会社も産休・育休の制度を設けて子育てと仕事の両立を図るシステムが確立し始めています。しかし、女性にだけ負担が大きくなっていると感じました。最近では、男性も積極的に家事や育児を手伝う方も増えてきましたが、社会全体の認識ではまだ改善が必要なことがあると考えました。

おわりに
これらを踏まえて、大人のキャリア教育が必要だと考えます。これからは、会社のやり方に身を任せて過ごすのではなく、働く意味や理由を考えて働くことになると思います。その時に自分は何をしたいのか・何ができるのかと考えられる人を増やす必要があると考えました。

追記
上記で挙げた他にも、遠藤さんのカオリエの会という講座で、アロマを使って香りからイメージを膨らませ表現するという体験をさせていただき、心が癒されました。それから、今まであまり関わったことがなかった方と触れ合うことが出来ました。どのインターンシップの活動も新鮮で、私の中で大きな財産になりました。今回の出会いを大切にしたいと思いました。

出会いを大切にしたいと思いました

インターンS日記20180905「生涯学習としてのキャリア教育」基礎資料プレゼン3

インターンシップでお世話になっているSです。
今日は、SCEの調査研究「生涯学習としてのキャリア教育」基礎資料プレゼンに、古川さん、遠藤さんと一緒に参加しました。
調査研究の担当者は難波さんです。

SCEの活動における「キャリア教育」とは

調査研究の大まかなテーマは、大人のキャリア教育の必要性についてだと感じました。その中で、キャリア教育は人生の節目の期間に最も必要とされ、キャリア教育の在り方を問うような内容になっていました。

私は、高校生まではあまり人生について考えることが出来ませんでした。私の通っていた学校は進学校だったため、進路実現という明確な目標に向けて勉強などに取り組むよう言われていました。このことから、学生時代のキャリア教育は進路実現という大きな目標に向けて行われるものだったなと思いました。

大学では、授業の一環としてキャリアについて触れ、これからの人生について深く考える時間が増えました。何をしたいのかそのために何が必要なのかと考えることで、人生の節目になった時に立ち直る力になるのではないかと考えました。

また、今日初めて難波さんにお会いし、とてもパワフルで熱い方だと感じました。私もエネルギーを貰えたような気がします(^^)

カニクリームコロッケ

最後に・・・今日の昼食はまかないでカニクリームコロッケを頂きました‼すごくおいしかったです(⌒∇⌒)

インターンS日記20180824:シニア中小企業サポート人材プログラム2018②1日目 報告

インターンシップでお世話になっているSです。
今日は東京しごとセンターにて、シニア中小企業サポート人材プログラム2018②開講式と古川さんの担当講座「55歳からの自分で自分をつくるトークセッション」の見学をしました。

中小企業サポート人材プログラム2018②開講式

今回のプログラムは、大企業で責任ある職に就かれていた方を対象とし、今後中小企業でバリバリ働くぞ!と考える方たちの就職活動の支援をするとともに、中小企業に雇用後も活躍できる人材を育成することを目的としています。
このプログラムが始まってから10年程が経ち、就職者数がプログラム修了者の約7割を占めるという成果を残しています。
私は最初この報告書を見てもピンときませんでしたが、他の地方のハローワークの支援の就職者数が約3割と聞き、じわじわとこのプログラムの凄さを実感しました。

今回の講座ではグループディスカッションを行ったのち、他のグループと意見交換をするという流れでした。
グループディスカッションの様子を見学させていただいたのですが、いくつかの問いに対して何が一番良い方法なのか具体的な案が多く出ていて少し驚きました。
答えのない問題を解決するためには、他の人・周りの人と相談し話し合うとともに悩んでいることを広い視野で捉えることが必要だと考えました。
また、問題の内容を具体的に想像し、解決策をいくつか立案できるような人はこの先重宝されると思いました。

本日のお昼は、、、丸亀製麺さんで美味しいうどんを頂きました!
蒸し暑い日でしたが、うどんでさっぱりできました。
明日はw ithyouさいたまでお昼ご飯を食べれることを楽しみにしています♬

SCE事務所夏休み2018

SCE事務所夏休みのお知らせです。
勝手ながら次の期間を事務所お休みといたします。

2018/8/9~2018/8/14

この期間、入居しているWithYouさいたまは開館しています。
電話は留守録になっています。メッセージをいれていただければ8/15以降に対応します。
EメールやSNS経由のお返事も同様です。
なにとぞよろしくお願いいたします。