カテゴリー別アーカイブ: 講演・メディア掲載など

1/22(火)~シニア中小企業サポートプログラム2018④

東京しごとセンター「シニア中小企業サポート人材プログラム」のご案内です。
代表の古川が、1日目・2日目および最終日を担当させていただきます。

「シニア中小企業サポート人材プログラム」は、大手・中堅民間企業において豊富な経験と能力を持ったシニア層を対象に、これまで培ってきた調整能力、折衝能力、コミュニケーション能力等、総合マネジメント能力を活かして中小企業への再就職を目指す方のためのプログラムです。
プログラムを受講し、中小企業で豊富な経験と能力を活かしたい方を募集します。
中小企業で働く上での心構えや経営戦略など、様々なカリキュラムで、中小企業での働き方を総合的に学ぶことができます。

プログラム詳細は → こちらから

◆お問い合せ◆
東京しごとセンター 協働事業担当係 TEL03-5211-2325

1/21(月)~キャリア論「学びの力で切りひらく私の人生100年」

さいたまシニアユニバーシティのご案内です。
今年度はSCE代表の古川が締めくくりの講義を担当いたします。

大学院)キャリア論「学びの力で切りひらく私の人生100年」
2019/1/21(月)10:00~ 岩槻駅東口コミュニティセンター(岩槻区)
2019/1/24(木)10:00~ 大宮ふれあい福祉センター(大宮区)
2019/1/25(金)10:00~ プラザイースト(緑区)
2019/1/26(土)10:00~ プラザノース(北区)

1/15(火)~キャリア論「長寿社会における学びの意義」

さいたまシニアユニバーシティのご案内です。
今年度はSCE代表の古川が締めくくりの講義を担当いたします。

大学)キャリア論「長寿社会における学びの意義」
2019/1/15(火)13:00~ 浦和ふれあい館(浦和区)
2019/1/16(水)13:00~ さいたま宇宙劇場(大宮区)
2019/1/17(木)13:00~ 大宮ふれあい福祉センター(大宮区)
2019/1/18(金)13:00~ プラザイースト(緑区)
2019/1/19(土)13:00~ プラザノース(北区)
2019/1/28(月)13:00~ 岩槻駅東口コミュニティセンター(岩槻区)

しごと準備講座2018年第2期「導入」報告

SCE理事の遠藤です。
今週、WithYouさいたま「しごと準備講座」平成30年度第2期が始まりました。運営はNPO法人クッキープロジェクトさん。

しごと準備講座H30第2期導入

「しごと準備講座」は、もう家にいるのは「飽きた・・・」でも1人では不安で 就職活動に踏み出せない方を対象とする、仲間と出会い「しごと」と出会うための「半歩」を応援する講座です。SCEは代表の古川と遠藤が、主に講師としてお手伝いします。

1回目は「導入」で、はじめに、クッキープロジェクトさんから講座概要のお話がありました。「からだほぐし」やパソコン操作体験(遠藤が担当)、おしごと体験(いろいろな現場から2つ選びそれぞれ3時間程度体験)、就職応援フェア(メイクレッスンや写真撮影)、埼玉県女性キャリアセンターの面談相談など、盛りだくさんです。

つづいて、SCE代表の古川が「働きたい」のためのはじめの半歩~つぶ(さ)れない生き方~として、キャリアのお話をしました。キャリアというと仕事の経験だけクローズアップされてしまうし、またそこで成功させてきた人だけが持っているものと思われがちだけれど、本当は、これまで生きて、経験してきたすべての出来事がキャリアです、というお話です。

離職したことや、病気になったこと、つまづいたことなども全てキャリア。過去の傷、未来の不安を消すことはできないけど、キャリアを自分の財産として捉え、自分なりに活かすことで、「でも、だいじょうぶ」とつぶ(さ)れない生き方ができるようになっていくそうです。

最後に、「いつか声に出して『私がやることは私しかできない。他の人がやったらもっとうまくできるとか関係ない。私がやることに意味がある。』と言ってみてください」というメッセージがありました。キャリア教育って、これを自信持って言える自分になるための学びなのかなと思いました。参加者の皆さんが生きづらさや働きづらさから解放されて、この言葉が言えるようになったらいいなと思いました。

その後、グループごとに、自己紹介と、講座やおしごと体験について気になったことをシェアしてみました。クッキープロジェクトさんが用意してくださったクッキーを食べながら、参加者さんは終始笑顔で、とても気軽な気持ちで話すことが出来ていたようです。生きづらさや働きづらさを抱えている方は、心に傷を抱えている方も少なくありません。こんな形で「しごと」のことや自分自身について、考えたり体験する場があることは、本当にいいことだと思います。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

LEEオンライン生き方ナビ2018/9/23「女性活躍」ってなんだろう?

SCE代表の古川です。
LEEオンラインで、パートナーシップさいたまの講座 歩みたい人生と「女性活躍」という空気感 を取り上げていただきました!

「女性活躍」ってなんだろう?(LEEオンライン20180923掲載)

20180923LEEオンライン生き方ナビ

住宅アドバイザー・コラムニストの藤原千秋さんが、昨今の「女性活躍」をめぐる風潮にもやもやを感じる女性の一人として参加レポートしてくださっています。
ていねいにご紹介いただき感謝です。
次のフレーズが、この企画の本質を突いています。

> 気持ちと同じくらい輪郭のもやっとした、「社会」の用意した正解っぽいステージの上で活きたり、躍ったりしなくても別にいいんじゃない?

このメッセージがたくさんの方にとどきますように。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

11/25(日)~大宮こども部「私を感じて私を知ろう。そしてつながる私へ」

子育て女性向け連続講座「私を感じて私を知ろう。そしてつながる私へ」ご案内です。
SCE理事の遠藤と、代表の古川が講師をつとめます。

日々、子どものことに追われていると、自分自身と向き合う時間がとれないもの。
子どもはかわいい、その成長は喜び、でも自分は?・・・というもやもやを抱え、子どもや夫はケアしているけど自分のことはおきざり、ということになりがちです。
この講座は、もやもやを解きほぐし、自分をいたわり、出会う人と語りあって「これから」を展望するためのヒントをつかむ場です。
自分自身の時間をじっくり味わってください。見守り託児あります。

第1回 2018年11月25日(日) 13時~16時
ひとやすみ心理学:自分にOKを出す方法(アロマセラピー体験あり)
講師 遠藤ひろみ(SCE理事/ココロアロマセラピスト)

第2回 2018年12月9日(日) 13時~16時(予定)
子育て女性のキャリア戦略~「私は私」から始まる大きな一歩~
講師 古川晶子(SCE代表理事)

※第3回は2019年2月に実施予定

場所 さいたま市こども家庭総合センターあいぱれっと 多目的ホール
(JR与野駅東口から徒歩10分)
対象 子育て中の女性
定員 30人
参加費 単発1,500円(2回申込み2,000円)
託児なし 見守り保育あり
申込方法 Eメールkids.club.omiya@gmail.com)に件名を「あいぱれっと連続講座」として、氏名と連絡がつきやすい電話番号を添えてお送りください。見守り保育ご希望の方は、お子さんの人数と年齢月齢もあわせてお送りください。
主催 大宮こども部 
埼玉県社会福祉協議会ひまわり基金助成事業

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

インターンS日記20180918:シニア中小企業サポート人材プログラム2018②最終日 報告

お久しぶりです。インターンシップでお世話になっているSです(^^)
本日は、東京しごとセンターにて「シニア中小企業サポート人材プログラム」略して中サポの最終日に参加させていただきました。中サポにはこれで3回もお邪魔しました。

中小企業サポート人材プログラム

1日目の様子はこちら
2日目の様子はこちら

今日はグループディスカッションがメインに行われ、中サポを修了された後のキャリアプランについて話し合う様子を見学させてもらいました。最終日ということもあり、以前より打ち解けていた印象を受けました。

中サポに参加しているシニアの方は、会社の中で大きな実績を挙げていた人達ばかりということもあり、再就職後は自分のやりたいことがはっきり見出せている方が多かった印象がありました。また、具体的に理想を現実にするためにどうしたらいいか探求している段階にいるのかなと感じました。

私は就活までにまだ少し時間があるので、やりたいことと貢献できることを明確にしていきたいと考えました。私の興味のある分野は経験が一番評価されやすいと思うので、大学生活の中で経験を積む機会を積極的に増やしていきたいです。そして、自分の引き出しを増やしていけたらと思います。

最後に、シニア世代の方の考え方に触れることが少ない私にとって、このような講座を見学できたことは刺激になり大きな財産になりました。今まで大きな事業を成功させてこられた方々の考え方や見え方は異なる点が多いと思いました。働くことで存在意義を見出す方も多いかと思いますが、シニアの方が働き続けたいと考える根本には少なからず社会に貢献したいという気持ちがあるように感じました。

この中には社会へ恩返しをしたいという気持ちも含まれていると思いました。 この考え方を出来る若者は少なく、シニア世代と若者世代の大きな違いは働く志にあると考えました。シニア世代になると社会のため、自分のために働けるようになるのかなと思いました。私も、志を持って働くことの出来る人間になりたいと考えました(^^)

修了式の様子

ちなみに今日は古川さんと難波さんとお昼をご一緒させていただきました。 久しぶりに外でご飯を食べました!いつもよりおいしく感じました(^^)(^^)

ステップ学習会報告

SCE代表の古川です。
ステップ学習会でお話しさせていただきました。
キャリアカウンセラー資格を取得された方の集まりです。

201809ステップ学習会

はじめに自己紹介していただくと、ハローワークの相談員や企業の人事担当、開業をめざしている方などさまざまでした。
共通点は「資格をどんな風に活かしていけるのかを知りたい」「開業するためにどうしたらいいのか知りたい」ということ。
情報収集の方法が思いつかず、とりあえず今より上のレベルの資格を取る勉強をしている、という方もいらっしゃいました。

私自身の独立の経緯などをかんたんにお話ししてから、質問に一つずつお答えする形ですすめていきました。
キャリコン資格をめぐる業界の動きは、個人的に語りはじめると熱くなってしまう話題で、取得したての方々にどこまで話していいのかはじめのうちは迷いましたが、結局ありのままを話してしまいました(^^;

つぎのような感想をいただきました。

・企業人として働くなかで、仕事をしながら他企業の方や個人の方々とのつながりづくりを広めていくということに大変重要であると感じました。これからも興味・関心あるものは自らチャレンジしていきたいと思っております。
・自分の頭の中でボンヤリしていたものがかなりスッキリしてきました。いろいろな質問に率直にかつクリアにお答えいただいてありがとうございました。
・積もり積もった疑問をたくさん聞いてしまいました。おかげさまで、霧が晴れたような気分です。背中をポンと押していただき、感謝ばかりです。
・フリーランスはまだ先の話ですが、そのためのアプローチやプロセスを自分の別の面に活かしていけると強く思いました。
・日々ハローワークの業務に終われているなか、フリーランスとしての見方は視野を広げていただき参考になりました。ハローワークもパートです💦自分のもう少し先の働き方まで考え、行動するきっかけになりそうです。
・とても盛り沢山の濃い内容で、心が熱くなりました。起業に興味がありますが、今はいろいろな方とコラボして勉強会を行っていこうと思っています(意外とみんな引き出しがある)
・高齢化のところで、こんなにポジティブに話をされたのは初めて聞いたので、明るい気持ちになれました(まだお話をうかがいたいところですが残念です)
・B→CではなくB→Bでないとビジネスとして成立しにくいということもわかりました。起業するためのリソースとして行政の窓口に足を運んでみることにします。資格は足の裏の飯粒という言葉はとても印象的でした。

どなたもとても積極的で熱心でした。
この先、お仕事でご一緒することもありそうな気がします。
ご参加のみなさん、主催の三宅さま、ありがとうございました!

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

しごと準備スペシャル講座「働く」半歩を踏み出すためのセルフケア」報告

SCE理事の遠藤です。
With Youさいたま主催しごと準備スペシャル講座「働く」半歩を踏み出すためのセルフケア」の講師をつとめました。事業受託団体はNPO法人クッキープロジェクトさんです。

アロマテラピーを使って心のリフレッシュ

働きづらさや生きづらさを抱える女性のための「しごと準備講座」は連続講座ですが、スペシャル講座は単発で、気軽に参加してもらえる場です。

少人数のグループで、自己紹介タイムから。
体の調子の気になるキーワードを書いたカードを使って「私は、最近あまり眠れないです。」「女性ホルモンについて気になります。」などを話しました。私からは、アロマテラピーのミニ講座。アロマテラピーがなぜ心と体に効果があるのか?などをお話ししました。

休憩を挟んで、セルフケアの時間です。隣の席でペアになって、ハンドマッサージを体験しました。今回はオイルを使わず、アロマパウダーを準備しました。暑い日が続いているので、制汗の効果のあるパウダーに、軽くオレンジスイートの香りを付けました。

直接肌を触るよりパウダーなどがあると肌の上で手をスムーズに動かすことができます。また受け手の方にも負担がかかりません。パウダーを少し手に取り、ペアになった方の手に触れる方法を説明し、実際にやっていただきました。

なぜこの講座でハンドマッサージを体験したのかというと、人の肌に触れると、愛情ホルモンといわれるオキシトシンが分泌され、血流の流れを良くし、リラックスする効果があります。また、手は第二の脳といわれるほど、心を表す部位です。人は緊張すると手に汗を握ります。怖いと手が震えたり、我慢すると手をぎゅっと握ります。また、人と繋がりたいとき握手をしたり、慰めたい時背中にそっと手を置きます。こんな風に心や感情と連動した動きをするのが手なのです。

生きづらさ働きづらさを抱えた女性は、人に気を遣いすぎ、頑張りすぎているかもしれません。この講座に参加する半歩を踏み出すのも、勇気がいったかもしれません。勇気を出したご自分を大切にして欲しくて、後で、自分でもできるハンドマッサージの方法をお伝えしました。最初は緊張していた皆さんも、手を触れ合ううちに笑顔になり打ち解けていました。とても良い雰囲気の中で講座は終わりました。

9月末から「しごと準備講座」2018年度の2が始まります。SCEは代表理事の古川と私が講師としてお手伝いをいたします。クッキープロジェクトさんが、優しくゆったりとした雰囲気の講座を運営なさっています。気軽に半歩、お家から出るキッカケになったらいいな。ご参加お待ちしています。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

12/13(木)~シニアの社会参加サポートプログラム2018④

東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」のご案内です。
代表の古川がファシリテーターをつとめます。

「シニアの社会参加サポートプログラム」は、NPOの活動やコミュニティビジネスなど、社会参加・市民活動のきっかけづくりを行うプログラムです。

詳細 → こちらをクリック

<講師プロフィール>
古川晶子(SCE代表理事)
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)