作成者別アーカイブ: SCE 講座

画伯日記:20180802印刷完了!

SCE理事の細田です。
私が担当しているSCE通信は2ヶ月に一度の発行です。
今年度は特集で「おとなカレッジ」にご登壇くださる方たちの人となりをご紹介させていただいています。

最近は印刷もマスターしました

8・9月号は、9/26(水)に開催の、第3回おとなカレッジ でお話ししてくださる城内和美さん(こころとからだのメンテナンス治療院PolePole主宰)へのインタビューを掲載しています。
城内さんの生き方も、それはそれは変化に富んでいらっしゃる!
今から楽しみです。

無事に印刷が終わったので、これからお会いする皆さまにもお渡しできると思います。
どうぞ楽しみにしてくださいね。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

11/22(木)第21回帝王切開ママの会W

「帝王切開ママの会W」ご案内です。
帝王切開を経験した女性のための小さな集まりです。
育児や家事に追われる日々の中で心にかぶせた「フタ」を取って、素直な気持ちを話せる場所をご用意しました。
帝王切開カウンセラーと一緒に「私のお産」を振り返って、すっきりしませんか。
子連れ参加OKです。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

ママのための帝王切開の本

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/11/2(木)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,000円
定員:3人(先着順)
申込:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「〇/〇帝王切開ママ申込」として、参加者氏名と連絡先、お子さんの年齢と同席の有無、帝王切開になった理由をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
さいたま市出身。帝王切開で3姉妹を出産し、2000年に「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られ、現在までに約400にのぼる体験や情報を掲載する。10年以上にわたり、各地で「帝王切開ママの会」を開催している。2013年8月、初の書籍『ママのための帝王切開の本』(共著)を出版。

画伯日記20180718:わたしは画伯

SCE理事の細田です。
どなたに会っても、まずは「暑いですね~」が挨拶になってますね。
そんな暑さの中、私のFacebookに飛び込んできたのが「肉関連企業5社を集めてニクレンジャーを結成する」というなんとも楽しい記事!

最初に名乗りを挙げた「吉野家」がヨシノヤオレンジ。
そしてガストがレッド、ケンタッキーがホワイト、モスバーガーがグリーンと次々に集結。
最後に松屋がイエローを名乗り出たのですが、
「松屋イエローの絵が画伯っぽいのよね~」とつぶやいて画像を見せたら、

松屋イエロー(本家)

続きを読む

開催報告:第2回おとなカレッジ「建築士+子育て+わたし」

SCE理事の細田です。
第2回おとなカレッジ「建築士+子育て+わたし」の報告です。

さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
今日の講師はM.I.E.建築デザイン の松丸弥恵さん。

松丸さんの情熱トークに聞き入るみなさん

小さな頃からのご家族のこと、学生時代のさまざまを包み隠さずお話ししてくださったおかげで、みなさんからの感想も・・・

・ものづくりに対する考え方とか共感できることが多くて自分を振り返るいいきっかけになりました
・丁寧な生活・手作り・ものってつくれるという感覚がとても新鮮でした。
・建築関係の話は初めて聞きましたが、とても面白かったです。私も自分でいろんな物を作るのが好きなので、今後のキャリアの参考になりました。

松丸さんの作品も展示させていただきました

そこから「子育て」が始まったことで新たなステージへと進まれたことや、子どもがいるからこその「住まい」への想いなどをリノベーションの写真などを見ながら話していただきました。
壁をぶち壊す松丸さんご夫妻の様子に、皆さん驚かれていました。

生きていく中でプラスのこともあれば、失ったものや手放すものもたくさんあります。
松丸さんは、それらも全部原動力に変えて、「めざすその先」を見つめていらっしゃいました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。
皆さんのキャリアの広がりのお役にたてていただけたらうれしいです!

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

開催報告:第19回帝王切開ママの会W

SCE理事の細田です。
第19回帝王切開ママの会W報告です。
帝王切開で出産した女性が、「私のお産」を振り返り、素直な気持ちを話す小さな集まりです。

第19回帝王切開ママの会W

SCE開催は今年度初。
今日はお子さんの熱で欠席の方がいらっしゃったので、お二人の体験をゆっくりお聞きしました。
お二人とも、「無事に生まれてきてくれたことはもちろんうれしいって頭ではわかっているのですが・・・」とおっしゃいつつ、産後にかけられた言葉で傷ついたり、「悪気のない一言」にモヤモヤした気持ちを丁寧に話されました。

「この会に参加すると決めた日から、きちんと話そうと当時を思い出しているうちに、傷ついていた事が自分の問題だったと気づきました」と話してくださった方もいらっしゃいました。

「なんとなくイヤだったこと」にきちんと向き合えたら、自分の心もはっきり見えてきます。
今回は新生児訪問で来てくださった助産師さんや保健師さんの言葉に傷ついたという声もあり、
やはり産後の帝王切開ママに会う機会のある方には、当事者の声を聞いていただきたい!

同席してくた1歳のお子さんたちも、ママがゆっくりお話しできるよう二人で仲良く遊んでくれていました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

画伯日記20180703:ステキな女性の生き方をお届け!

SCE理事の細田です。
毎日暑いですね。
夏バテしないためにしっかり食べているので、逆に身体が重くなってきております。

さて、今年度から新しく始まった「おとなカレッジ」は、さいたまで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
3回めに登場してくださる城内和美さんに、お打ち合わせも兼ねてお話を伺ってきました。

鍼を持つ城内さん(想像)

続きを読む

10/27(土)第27回はたらくらぶW「いまさら聞けない?月経の話」

はたらくらぶWのご案内です。
2018年度は、WithYouさいたま公募型共催事業として、女性の生涯にわたる健康をテーマに開催します。

多くの女性が長いお付き合いをする月経。でも、じつは知らないことも多く、また大人になるほど聞ける場がないものです。
女性の心と身体の健康について各地でお話し会を開催する講師が、「いまさら聞けない?」と戸惑う大人の「これが知りたかった!」におこたえします。

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/10/27(土)14:00~16:00
会場:WithYouさいたま(さいたま新都心)
参加費:1000円
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「10/27申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

画伯日記20180606

SCE理事の細田です。
関東もいよいよ梅雨入り。
雨女の私にとってはあまり関係ないのですが・・・(^^;

学生さんが描く帝王切開の傷はこんな感じ(細田模写)

さて、今日は目白大学の看護学部生に「帝王切開から見える看護師の関わり方」をお話ししました。
続きを読む

9/30(日)第20回帝王切開ママの会W

「帝王切開ママの会W」ご案内です。
帝王切開を経験した女性のための小さな集まりです。
育児や家事に追われる日々の中で心にかぶせた「フタ」を取って、素直な気持ちを話せる場所をご用意しました。
帝王切開カウンセラーと一緒に「私のお産」を振り返って、すっきりしませんか。
子連れ参加OKです。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

ママのための帝王切開の本

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/9/30(日)14:00~16:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,000円
定員:3人(先着順)
申込:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「9/30帝王切開ママ申込」として、参加者氏名と連絡先、お子さんの年齢と同席の有無、帝王切開になった理由をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
旧大宮市出身、さいたま市在住。帝王切開で三姉妹を出産し、2000年にWEBサイト「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られる。帝王切開カウンセラーとして、各地で講座やお話し会を開催し、女性の心と身体の健康について、当事者の視点で知ることの大切さを伝えている。共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規出版)

9/26(水)第3回おとなカレッジ「こころとからだのメンテナンス治療院PolePole」開業に至るまで

「おとなカレッジ」ご案内です。
さいたまエリアで自分らしい活動をしている女性のストーリーをお聞きする会です。
ご興味ある方はどなたでも参加できます。
子連れもOK(託児のご用意はありません)。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

城内和美さん

講師は鍼灸あん摩マッサージ指圧師の城内和美さん。
からだもこころも自分の人生の道具だから、セルフメンテナンスと信頼できる施術の両方が必要と考え、40才で開業なさいました。
ご自身の経験を通じて「自分らしく生きること」についてお話しいただきます。

講師:城内和美さん(こころとからだのメンテナンス治療院 Pole Pole主宰)
日時:2018/9/26(水)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま(さいたま新都心)
参加費:1500円(会場費等を含む)
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「〇/〇申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
静岡県御殿場市出身。2年半のOL生活の後、夜学で鍼灸あん摩マッサージ指圧師の資格を取得。出産を機にさいたま市に移り住み、産後、母乳育児→食育→性教育と学び進むうちに自分の問題に気付き、学びつつ今に至る。子育て応援サークル「バニラ」を立ち上げ10年間運営した後、現在は心身への施術を中心に、役目を生きる旅の途中。