作成者別アーカイブ: SCE 情報

しごと準備スペシャル講座「働く」半歩を踏み出すためのセルフケア」報告

SCE理事の遠藤です。
With Youさいたま主催しごと準備スペシャル講座「働く」半歩を踏み出すためのセルフケア」の講師をつとめました。事業受託団体はNPO法人クッキープロジェクトさんです。

アロマテラピーを使って心のリフレッシュ

働きづらさや生きづらさを抱える女性のための「しごと準備講座」は連続講座ですが、スペシャル講座は単発で、気軽に参加してもらえる場です。

少人数のグループで、自己紹介タイムから。
体の調子の気になるキーワードを書いたカードを使って「私は、最近あまり眠れないです。」「女性ホルモンについて気になります。」などを話しました。私からは、アロマテラピーのミニ講座。アロマテラピーがなぜ心と体に効果があるのか?などをお話ししました。

休憩を挟んで、セルフケアの時間です。隣の席でペアになって、ハンドマッサージを体験しました。今回はオイルを使わず、アロマパウダーを準備しました。暑い日が続いているので、制汗の効果のあるパウダーに、軽くオレンジスイートの香りを付けました。

直接肌を触るよりパウダーなどがあると肌の上で手をスムーズに動かすことができます。また受け手の方にも負担がかかりません。パウダーを少し手に取り、ペアになった方の手に触れる方法を説明し、実際にやっていただきました。

なぜこの講座でハンドマッサージを体験したのかというと、人の肌に触れると、愛情ホルモンといわれるオキシトシンが分泌され、血流の流れを良くし、リラックスする効果があります。また、手は第二の脳といわれるほど、心を表す部位です。人は緊張すると手に汗を握ります。怖いと手が震えたり、我慢すると手をぎゅっと握ります。また、人と繋がりたいとき握手をしたり、慰めたい時背中にそっと手を置きます。こんな風に心や感情と連動した動きをするのが手なのです。

生きづらさ働きづらさを抱えた女性は、人に気を遣いすぎ、頑張りすぎているかもしれません。この講座に参加する半歩を踏み出すのも、勇気がいったかもしれません。勇気を出したご自分を大切にして欲しくて、後で、自分でもできるハンドマッサージの方法をお伝えしました。最初は緊張していた皆さんも、手を触れ合ううちに笑顔になり打ち解けていました。とても良い雰囲気の中で講座は終わりました。

9月末から「しごと準備講座」2018年度の2が始まります。SCEは代表理事の古川と私が講師としてお手伝いをいたします。クッキープロジェクトさんが、優しくゆったりとした雰囲気の講座を運営なさっています。気軽に半歩、お家から出るキッカケになったらいいな。ご参加お待ちしています。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

12/18(火)第12回カオリエの会W

「カオリエの会W」ご案内です。
アロマテラピーとパステルを活用してリラックスするワークショップです。
ココロアロマセラピストがご一緒します。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

cocoaro

講師:遠藤ひろみ(ココロアロマセラピスト/SCE理事)
日時:2018/10/23(火)10:00~12:00
会場:会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,500円(材料費など含む)
定員:3人(先着順)※エプロンとマスクが必要な方はお持ちください(パステルの粉が細かいため)
申込:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「〇/〇カオリエ申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、SCEからの返信メールが受信できるように設定してください。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりココロアロマセラピスト。アロマセラピーとイラスト表現等を複合した独自の手法で、がんばりすぎな女性を主な対象に「心のスッキリ体験」を提供するワークショップ等を行う。

歩みたい人生と「女性活躍」という空気感 報告

SCE理事の遠藤です。
パートナーシップさいたま主催 歩みたい人生と「女性活躍」という空気感 報告です。
SCE代表の古川が講師を務めました。

歩みたい人生と「女性活躍」という空気感

「女性活躍推進法」以来、子育てと仕事を両立して「活躍」する女性やその職場がクローズアップされている風潮の中で、私たちの歩みたい人生に繋がっているのか?と、考えたり語り合う時間。
テーマごとにグループに別れて話し、女性が「働くこと」についての歴史的な背景を聞いて、そこからまた自分の気持ちを話しあい、発表しました。

一方的に講師から聞くだけより、こんな風に、知って、考えて、話し合うことで自分により近い問題となるんだな、と思いました。
さまざまな立場の女性の方々とお話をしたので、この一体感が世の中にできたら本当に素晴らしいなと身をもって感じました。

古川の講義では「女性は家にいて家族を支えるもの」と言ったり、労働人口が減れば女性が働くことを推奨したり、時代ごとに繰り返される手のひら返しの実態があるんだな、とわかりました。
最後に、女性の中で「独身vs既婚者」「正規vs非正規」などと争う構造になりがちだけれど、そうなってしまうと根底にあるものが見えなくなってしまうので、その立場を超えて女性が繋がったら大きなパワーとなると話していました。

男女共同参画の話は、私はいつ聞いても「モヤモヤ」します。
初めて聞いた時は、なぜ、こんな世の中なんだろうとか絶望的になったりしました。
でも、何度か聞いたり、こうして話し合う機会が多くなると、より近く身近な「問題」となるので、自分にできることから始めてみようと言う気持ちになってきます。
でも、「悔しい!!女性が偉いんだー!どっちが上だ!どっちが下だ!」と比べるところに視点があったら、争いごとになってしまいます。これでは今までとなんら変わりません。

男だから女だからという枠をはずして、自分が本当にやりたいことをしたり、できる人ができることを協力しながら、お互いを認め合うようになったら、きっと争うこともなくなって、男女ともに生きやすくなるのかもしれないなと思います。
そのために、女性みんなでこの講座のように、「知ること」「考えること」「話すこと」の機会が沢山あったら良いなと思いました。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

しごと準備講座H30第1期「PC操作体験:Excelと求人情報の表作成」報告

SCE理事の遠藤です。
埼玉県男女共同参画推進センター「しごと準備講座」H30第1期の報告です。

もう家にいるのは「飽きた・・・」でも1人では不安で 就職活動に踏み出せない、という女性のための、仲間と出会い、 「しごと」と出会うための「半歩」を応援する講座です。
運営はNPO法人クッキープロジェクトさんで、SCEは講師などでお手伝いしています。

第3回からのPC操作体験は3回連続で、遠藤が講師の担当です。
今回はPC操作の最終回で、Excelの基本操作と求人情報の表作成をしました。

1回目2回目に続き、PC作業が「楽しい」と思ってもらえるような形を心掛けました。
PC操作が完璧に出来る事をゴールにはせず、操作の中に楽しさがあること、楽しさが仕事をやりたい気持ちに繋がることになること。そして、何よりも人と繋がることや自分の今の気持ちを吐露することが気持ちいいということに気がついてもらえるような組み立てにしました。

遠藤が講座を進める間、クッキープロジェクトの若尾さんや谷居さんが常に受講生さんたちのフォローに回り、分からないことを気軽に聞けるようにしてくださいました。今回は、Excel基本操作の講習の後に、求人情報を見て気になる案件を表に入れて、気になった理由や順位なども記載しました。記載したものをプリントアウトして、それを見ながらグループでシェアしました。

受講生さんたちは、人一倍頑張り屋さんなので、働くこと生きることについて、より苦しんでしまいます。一貫して、クッキープロジェクトさんが安心できる場づくりをしてくださっているので、最初の頃緊張していた受講生さんたちの顔が、見る度に柔らかくなっていて、今回のシェアの時間は、皆さん笑顔で自分の気持ちをお話ししていました。とてもいい空間でした。
回を重ねるごとに、受講生の皆さんの「半歩」がより具体的になってきて感動しました。このような時間に関わらせていただき、本当にありがとうございました。

遠藤は今後、しごと準備スペシャル講座で講師をっとめます。また2期のPC操作体験も担当しますので、新しい参加者の方々に会えるのを楽しみにしています。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

えんどう豆日記20180805:高校生ファシリテーター養成講座(2回目)報告

SCE理事の遠藤です。
特定非営利活動法人Arts&Healthさいたまさん主催「高校生ファシリテーター養成講座」にボランティアスタッフとして参加しました。
7/29からスタートしている連続講座で、今回は2回目です。
参加者が、各自の名札についているお花の名前のテーブルに分かれて、ワークショップが始まりました。

グラフィッカーさんによるグラフィックレコーディング

続きを読む

11/10(土)第3回サポゼミ「レゴ®シリアスプレイ®で人生のコア・バリューを探ろう」

「サポゼミ」ご案内です。
フリーランスで働く人のための、ビジネスや働き方のヒントを得られる学びと交流の場です。
いま現在フリーランスの方はもちろん、準備中の方も参加できます。
子連れもOK(託児のご用意はありません)。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま後援。

中村容さん

私たちが担っているライフ・ロール(人生役割)は一つではなく、その中身も一人ひとり違っています。このワークショップでは人生航路の羅針盤になる、本当に大切にしたい価値観=コア・バリューを探ってみます。

講師:中村容さん(街のキャリアデザインマスター/キャリアコンサルタント/文教大学職員)
日時:2018/11/10(土)14:00~16:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,500円(会場費等を含む)
定員:10名
申込方法:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「11/10申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
2002年から学生の就職・キャリア支援業務に携わりながら、社会人大学院で(キャリアデザイン学修士課程を修了。キャリア・コンサルタント(2級キャリア・コンサルティング技能士)、産業カウンセラー、MBTI認定ユーザーの資格を取得。2013年からは生涯学習業務に携わり、近年の関心は成人の職場内外における学習を通したキャリア形成。

しごと準備講座H30第1期「PC操作体験:自己紹介カード作成」報告

SCE理事の遠藤です。
埼玉県男女共同参画推進センター「しごと準備講座」H30第1期の報告です。

もう家にいるのは「飽きた・・・」でも1人では不安で 就職活動に踏み出せない、という女性のための、仲間と出会い、 「しごと」と出会うための「半歩」を応援する講座です。
運営はNPO法人クッキープロジェクトさんで、SCEは講師などでお手伝いしています。

しごと準備講座H30第1期PC操作「自己紹介カード」

第3回からのPC操作体験は3回連続で、遠藤が講師を担当いたします。
今回7月25日はPC操作の2回目です。今回はインターネットとメール活用、そしてWordで自己紹介カードを作成しました。

このPC講座は全体的に「楽しい」と感じてもらえるようにしています。
まずはストレッチでアイスブレイク。
ストレッチは講座の区切りでも何度か入れました。

最初にメール受信とその後の操作。
メールを開いて添付文書を保存することなどを練習しました。
この講座は、どれだけ失敗しても構いません。
ゆっくりペースで、分からないことはその都度質問してくださいと声かけしています。

次はWordの操作。
サンプル文書の文字サイズを大きくしたり、小さくしたり、レイアウトを端に寄せたり、揃えたりして、気分はWordのストレッチ。
それから、各自の自己紹介カードをWordで作成しました。
素材としてインターネットで好きなものを画像検索して保存することや、その画像データをカードに挿入する方法なども伝え、思い思いにデザインを楽しみます。
入力が終わったらプリントアウトしました。

休憩後はPCから離れてコミュニケーションタイム。
プリントアウトした自己紹介カードを使って自己紹介をしました。
慣れないPC操作で頑張って作ったカードは、それぞれ可愛らしかったり、かっこよかったり、なかなかの出来映えでした。
お互いに褒めあって、和気あいあいとした雰囲気で締めくくることができました。

次回はExcel操作です。
またゆっくり楽しめる時間にしたいと思います。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数

SCE通信201808&09 特集「第3回おとなカレッジ:城内和美さん」

SCE通信を発行しました。
特集は「第3回おとなカレッジ:城内和美さん」です。
こころとからだのメンテナンス治療院PolePole主宰の城内さんにお話聞かせていただいています。

SCE通信201808&09

WithYouさいたま館内などで手に取っていただけます。
ぜひご一読ください。

PDFファイルはこちらから

おはなしカフェH30「人とつながる心地よさ・ちょうどいい距離感とは?」報告

SCE理事の遠藤です。
クッキープロジェクトさんのおはなしカフェH30で講師をつとめました。
テーマは「人とつながる心地よさ・ちょうどいい距離感とは?~SNSでのお困りゴト相談~」です。

SNSの困りごとから見える人づきあいについて考える

おはなしカフェではご参加の皆さんに「この場にいる安心感」を持ってもらう工夫をしながら進めています。
SNSを知らない方も居心地よく参加できるように、まずは「どれくらいSNSを知っているか?」で並んでみるワークをしました。
話すよりも身体で示すと、自分と近くにいる方はSNSにかかわるなんらかの共通点がありそうだということが見え、安心感を持ちやすいです。

それからグループに分かれて自己紹介。
SNSの困りごとや気になることを話していただき、私の方からはSNSの説明や、問題点もすこしお話ししました(人と繋がりやすい反面、相手の顔が見えないのでコミュニケーションのトラブルになりやすい、など)
つづいて、皆さんにいくつか質問を示して、それをもとに、SNSでもリアルでも大切な、人と人との距離間のことを話し合う時間を持ち、相手との距離感を考える「手紙のワーク」をしました。アナログのツールを使うことで「人との距離感」や「コミュニケーション」を肌で感じられたようでした。

最後は「感情の処理」の方法を体験する時間。
みんなで輪になって、呼吸やかんたんな動きでできることを伝え、実際にやってみました。
自分ひとりで考えこんでしまう方には、体の動きや感覚を使ってみることで、腑に落ちるものがあったらいいなと思います。

<遠藤ひろみプロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。イラストやグラフィックデザインなどの業務経験を経て、2013年よりイラスト表現とアロマテラピー等を複合した独自の手法で「がんばりすぎ」な女性に「心のスッキリ体験」を提供する。
イラスト・デザイン『はたらくらぶインタビュー集2012-2017 それぞれの「自分らしさ」を形にする営み』(プラスワン・パブリッシング)ほか多数