作成者別アーカイブ: SCE 代表

第27回SCEサポサポ報告③

SCE代表の古川です。
第27回SCEサポサポの報告です。
手作り品の販売をスタートした方のご相談でした。
どうやって売れるように仕掛けるか、お客さんはどんな人で、どこにいるのか・・・永遠のモンダイです。
次のような感想をいただきました。

やりたいこと、進みたい道はあっても、過去やしがらみがまとわりついていて、結局いろいろなことが中途半端のままになっていました。古川さんに話して(言葉として口に出して)、腹をくくる気になれました(笑)そして、先回りして考えるばかりで目の前のしなくてはならない事が何も出来ていない!一番の私の欠点だと気付かされました。まずは目の前のやるべき事を習慣化すること…今まで蓄積された殻を少しずつでも破ろうと思います。そして次につなげていきたいです。

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

第27回SCEサポサポ報告②

SCE代表の古川です。
第27回SCEサポサポの報告です。

活動計画のご相談でした。ご家族やご自身の節目を考慮に入れての仕切り直し、ひとりで考えるのは大変です。状況の整理と今後のスケジュールづくりをお手伝いしました。
次のような感想をいただきました。

商工会議所とは違い、家族の暮らしまで、すべてをひっくるめたアドバイス、とても助かりました。創業のことだけに集約されたら、実際には、私の体力・意欲、そして家族が立ち行かなくなっていたと思います。ひとつひとつ紐解き・組み合わせ・分析してみて、無理のない、暮らしと両立できる動き方のイメージが見えてきました。まずは、家族の繋がりをしっかりしておきたいと思います。またアドバイスをよろしくお願いいたします。

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

ステップ学習会報告

SCE代表の古川です。
ステップ学習会でお話しさせていただきました。
キャリアカウンセラー資格を取得された方の集まりです。

201809ステップ学習会

はじめに自己紹介していただくと、ハローワークの相談員や企業の人事担当、開業をめざしている方などさまざまでした。
共通点は「資格をどんな風に活かしていけるのかを知りたい」「開業するためにどうしたらいいのか知りたい」ということ。
情報収集の方法が思いつかず、とりあえず今より上のレベルの資格を取る勉強をしている、という方もいらっしゃいました。

私自身の独立の経緯などをかんたんにお話ししてから、質問に一つずつお答えする形ですすめていきました。
キャリコン資格をめぐる業界の動きは、個人的に語りはじめると熱くなってしまう話題で、取得したての方々にどこまで話していいのかはじめのうちは迷いましたが、結局ありのままを話してしまいました(^^;

つぎのような感想をいただきました。

・企業人として働くなかで、仕事をしながら他企業の方や個人の方々とのつながりづくりを広めていくということに大変重要であると感じました。これからも興味・関心あるものは自らチャレンジしていきたいと思っております。
・自分の頭の中でボンヤリしていたものがかなりスッキリしてきました。いろいろな質問に率直にかつクリアにお答えいただいてありがとうございました。
・積もり積もった疑問をたくさん聞いてしまいました。おかげさまで、霧が晴れたような気分です。背中をポンと押していただき、感謝ばかりです。
・フリーランスはまだ先の話ですが、そのためのアプローチやプロセスを自分の別の面に活かしていけると強く思いました。
・日々ハローワークの業務に終われているなか、フリーランスとしての見方は視野を広げていただき参考になりました。ハローワークもパートです💦自分のもう少し先の働き方まで考え、行動するきっかけになりそうです。
・とても盛り沢山の濃い内容で、心が熱くなりました。起業に興味がありますが、今はいろいろな方とコラボして勉強会を行っていこうと思っています(意外とみんな引き出しがある)
・高齢化のところで、こんなにポジティブに話をされたのは初めて聞いたので、明るい気持ちになれました(まだお話をうかがいたいところですが残念です)
・B→CではなくB→Bでないとビジネスとして成立しにくいということもわかりました。起業するためのリソースとして行政の窓口に足を運んでみることにします。資格は足の裏の飯粒という言葉はとても印象的でした。

どなたもとても積極的で熱心でした。
この先、お仕事でご一緒することもありそうな気がします。
ご参加のみなさん、主催の三宅さま、ありがとうございました!

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

インターンS日記20180905「生涯学習としてのキャリア教育」基礎資料プレゼン3

インターンシップでお世話になっているSです。
今日は、SCEの調査研究「生涯学習としてのキャリア教育」基礎資料プレゼンに、古川さん、遠藤さんと一緒に参加しました。
調査研究の担当者は難波さんです。

SCEの活動における「キャリア教育」とは

調査研究の大まかなテーマは、大人のキャリア教育の必要性についてだと感じました。その中で、キャリア教育は人生の節目の期間に最も必要とされ、キャリア教育の在り方を問うような内容になっていました。

私は、高校生まではあまり人生について考えることが出来ませんでした。私の通っていた学校は進学校だったため、進路実現という明確な目標に向けて勉強などに取り組むよう言われていました。このことから、学生時代のキャリア教育は進路実現という大きな目標に向けて行われるものだったなと思いました。

大学では、授業の一環としてキャリアについて触れ、これからの人生について深く考える時間が増えました。何をしたいのかそのために何が必要なのかと考えることで、人生の節目になった時に立ち直る力になるのではないかと考えました。

また、今日初めて難波さんにお会いし、とてもパワフルで熱い方だと感じました。私もエネルギーを貰えたような気がします(^^)

カニクリームコロッケ

最後に・・・今日の昼食はまかないでカニクリームコロッケを頂きました‼すごくおいしかったです(⌒∇⌒)

まかない日記180902

SCE代表の古川です。
きのうは、週末の夕方4時という、個人的には珍しい時間帯にパートナーシップさいたまへ。
いつもお会いする職員の方々が不在で、エントランスはしーんとしていました。

さいたま市男女共同参画推進センター

6月に担当した男性カレッジ2018参加者の学習記録誌を作成が進行中です。
その中締め的な編集会議とのことで、顔を出させていただきました。

編集委員から進捗報告

続きを読む

12/13(木)~シニアの社会参加サポートプログラム2018④

東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」のご案内です。
代表の古川がファシリテーターをつとめます。

「シニアの社会参加サポートプログラム」は、NPOの活動やコミュニティビジネスなど、社会参加・市民活動のきっかけづくりを行うプログラムです。

詳細 → こちらをクリック

<講師プロフィール>
古川晶子(SCE代表理事)
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

第27回SCEサポサポ報告①

SCE代表の古川です。
第27回SCEサポサポの報告です。
行政との協働が決まり、具体的に動き始めている方のご相談でした。

次のような感想をいただきました。
「根底の目的に気づき、それについて落とし込みが足りていないことに気づきました。今回の企画のゴールのようなものについてしっかりと見据えていく必要を感じ、まだまだこの企画の軸に揺らぎがあるように感じました。」

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

インターンS日記20180827:シニア中小企業サポート人材プログラム2018②2日目 報告

インターンシップでお世話になっているSです。
今日は、東京しごとセンターにてシニア中小企業サポート人材プログラム(中サポ)2日目に参加させていただきました!1回目に引き続き、沢山のことを学ばせていただきました。今まであまり関わることのなかった人たちの考え方に触れることができて、とても楽しかったです。

20180827中サポ

今回、主に自分の能力(得意分野・苦手分野)や価値観、そして今までの経験をもとに自分が「今、何ができるのか」を整理し再確認するような講座でした。実際に働いている方の成功体験や、失敗してしまった経験を聞いたのは初めてだったため、とても新鮮でした。成功体験は事業の成功を挙げている方が多く、その経験からどう変わったのか具体的におっしゃっていたので、参考になりました。

私の普段の生活の中で失敗体験のお話を聞く機会が少ないので、失敗体験のお話に興味を持ちました。失敗体験と言っても人それぞれ異なる事例が挙げられました。その中でも多かったのは、事業の失敗と部下の退職でした。部下の退職という内容が出たことに驚きました!転職がしやすくなった現代でも、自分の部下が退職してしまうと責任を感じてしまうものなんだなと思いました。
部下の退職を挙げた方が口を揃えて「失敗の原因は部下とのコミュニケーション不足だったと考える。」とおっしゃっていました。人とコミュニケーションをしっかり取ることの重要性を改めて考え直しました。

成功する秘訣は業種によって様々だと思いますが、知識やスキルはもちろんのこと事業に対する姿勢や態度が大切だと仰っている方があり、何事も気持ちや情熱が大切だと考えました。一方で失敗しないための対策として、コミュニケーションを取ることと準備を十分にすることが重要だという意見が出ました。こちらも基本的なことですが、手を抜かずに取り組む姿勢が大切だと感じました。 これからの就職に向けて様々なことを学べ、働いていた方の生の声を聞くことができとても良い経験が出来ました(^^)

今日の昼食はお弁当でした! 講義をした部屋で食べたので受講者の方を観察しながら食べてしました(^^;) 悪い癖です・・・直そう・・・(笑)

インターンS日記20180825:第2回サポゼミ「企画アイデア100連発」報告

インターンシップでお世話になっているSです(^^)
今日はWithYouさいたまにて、第2回サポゼミ「企画アイディア100連発」に参加させていただきました。

第2回サポゼミ「企画アイデア100連発」

これから起業しようとしている人・コミュニティを作ろうと考えている人や新しいことを始めている人が参加され、私もその中に混ざってグループディスカッションをさせていただきました。
今、自分が思い描いていることを具体的にイメージし、企画を発表するというワークをしました。
私は、今までやりたいことが抽象的で大まかな内容だったのですが、今回改めて考えることができました。
他の方も、経験を活かして社会貢献する企画を構想されていてとても勉強になりました。

また、和やかなムードで立ち話をするように話し合えたので、私含め皆さんで素直に意見交換をする場になって、とても充実した時間を過ごすことができました。
今日参加された方のお話を聞き、コミュニティを作るためにターゲットややりたいことを絞り込み、その条件の中から自然とアイディアを膨らませていった方が良いものを作ることができるのかなと考えました。
私の中で、このような考え方は生まれたことがなかったので、とても新鮮で面白いなと思いました。

そして‼
今日の昼食はついにwith youさいたまのまかないを頂けました(^^)/

賄いと細田さん

メニューはビビンバでした!すごくおいしかったです(^q^)また食べられたらいいなと思いました。

インターンS日記20180824:シニア中小企業サポート人材プログラム2018②1日目 報告

インターンシップでお世話になっているSです。
今日は東京しごとセンターにて、シニア中小企業サポート人材プログラム2018②開講式と古川さんの担当講座「55歳からの自分で自分をつくるトークセッション」の見学をしました。

中小企業サポート人材プログラム2018②開講式

今回のプログラムは、大企業で責任ある職に就かれていた方を対象とし、今後中小企業でバリバリ働くぞ!と考える方たちの就職活動の支援をするとともに、中小企業に雇用後も活躍できる人材を育成することを目的としています。
このプログラムが始まってから10年程が経ち、就職者数がプログラム修了者の約7割を占めるという成果を残しています。
私は最初この報告書を見てもピンときませんでしたが、他の地方のハローワークの支援の就職者数が約3割と聞き、じわじわとこのプログラムの凄さを実感しました。

今回の講座ではグループディスカッションを行ったのち、他のグループと意見交換をするという流れでした。
グループディスカッションの様子を見学させていただいたのですが、いくつかの問いに対して何が一番良い方法なのか具体的な案が多く出ていて少し驚きました。
答えのない問題を解決するためには、他の人・周りの人と相談し話し合うとともに悩んでいることを広い視野で捉えることが必要だと考えました。
また、問題の内容を具体的に想像し、解決策をいくつか立案できるような人はこの先重宝されると思いました。

本日のお昼は、、、丸亀製麺さんで美味しいうどんを頂きました!
蒸し暑い日でしたが、うどんでさっぱりできました。
明日はw ithyouさいたまでお昼ご飯を食べれることを楽しみにしています♬