作成者別アーカイブ: SCE 代表

第26回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第26回SCEサポサポの報告です。
技術力をもとにオリジナル商品を手がける方の、今後の戦略についてのご相談でした。

次のような感想をいただきました。
「相談する事で沢山の可能性があることに毎回気付かされます。私はいつも、技術を持った職人がどうしてもっと取り上げてもらえないのだろう?と思っていましたが、取り上げてもらえるような仕掛けをしていなかった事に気づきました。取り急ぎ、プレスリリースの仕方を調べて取り組みたいと思います」

SCEサポサポはフリーランスのための働き方相談です。
利用するには、SCEへの入会が必要です(個人賛助会員も可) → 詳細はこちら
SCE理事がお話をうかがいます。

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

「キャリアカウンセラーの仕事の魅力や働き方を一冊の本に」201807ショッパー掲載

『キャリアカウンセラーという生き方 「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』のことをショッパーに掲載していただきました。

「キャリアカウンセラーの仕事の魅力や働き方を一冊の本に」201807ショッパー掲載

ショッパーは地域情報を主に扱うフリーペーパーで、毎週金曜日に発行されています。
この記事は埼玉エリアの各地版に順次掲載されていくそうです。

じっくり取材いただいたこと、丁寧なご紹介うれしい限りです。
機会ありましたらお手に取っていただければ幸いです。

SCE事務所夏休み2018

SCE事務所夏休みのお知らせです。
勝手ながら次の期間を事務所お休みといたします。

2018/8/9~2018/8/14

この期間、入居しているWithYouさいたまは開館しています。
電話は留守録になっています。メッセージをいれていただければ8/15以降に対応します。
EメールやSNS経由のお返事も同様です。
なにとぞよろしくお願いいたします。

10/30(火)~シニア中小企業サポートプログラム2018③

東京しごとセンター「シニア中小企業サポート人材プログラム」のご案内です。
代表の古川が、1日目・2日目および最終日を担当させていただきます。

「シニア中小企業サポート人材プログラム」は、大手・中堅民間企業において豊富な経験と能力を持ったシニア層を対象に、これまで培ってきた調整能力、折衝能力、コミュニケーション能力等、総合マネジメント能力を活かして中小企業への再就職を目指す方のためのプログラムです。
プログラムを受講し、中小企業で豊富な経験と能力を活かしたい方を募集します。
中小企業で働く上での心構えや経営戦略など、様々なカリキュラムで、中小企業での働き方を総合的に学ぶことができます。

プログラム詳細は → こちらから

◆お問い合せ◆
東京しごとセンター 協働事業担当係 TEL03-5211-2325

10/29(月)第28回SCEサポサポ

SCEサポサポのご案内です。
フリーランスで活動する方のための働き方相談です。
さいたまキャリア教育センター(SCE)個人会員が対象です。

アドバイザー:SCE理事
日時:10:00~11:00 または 14:00~15:00 (各1人)
場所:SCE事務所(さいたま新都心)
費用:無料 ※SCE賛助会員または正会員が対象
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「サポサポ申込」として、申込者氏名と希望日、時間帯、連絡先をお送りください。また、可能であれば「聞きたいこと」「相談したいこと」を書き添えてください。

10/24(水)シニアの社会参加サポートプログラム2018③

東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」のご案内です。
代表の古川がファシリテーターをつとめます。

「シニアの社会参加サポートプログラム」は、NPOの活動やコミュニティビジネスなど、社会参加・市民活動のきっかけづくりを行うプログラムです。

詳細 → こちらをクリック

「会社外の生き方 男性向けに講座」朝日新聞20180628掲載

パートナーシップさいたま「男性カレッジ2018」の模様を朝日新聞に掲載していただきました。

「会社外の生き方 男性向けに講座」朝日新聞20180628掲載

ご参加の方のコメント「「生き方をあらためて考えるきっかけになった」うれしいです。
ていねいにご紹介いただきありがとうございます!

男性カレッジ2018報告

SCE代表の古川です。
パートナーシップさいたま主催「男性カレッジ2018」で講師をつとめました。
今年度のテーマは「ライフキャリアメンテナンス集中講座」です。

男性カレッジ2018

ライフキャリアとは、職業人としての役割と人生の他の役割の連鎖であり、職位や金銭的報酬があるものもないものも等しくキャリアのうちである、という考え方です。
雇用環境の変化やますます進む少子高齢化により、「会社>それ以外」のようなとらえ方では対応できない事態が次から次へと起きています。
各自の職業人としてのこれまでと、家族や地域での活動や経験など、人生を構成する一連の出来事を、すべてキャリアとしてとらえ直すワークを行いました。

レポートのテーマは「日本社会における男性の働き方の現状と課題」

今年度はレポート作成もあり、かなり骨のある講座だったのですが、皆さん非常に熱心に参加してくださいました。

パートナーシップ蔵書より関連図書

今後、レポートをもとに、参加者による講座の記録誌を作成する予定です。
選出された編集委員を中心に、作成に当たって気になることや具体的なスケジュールなどを出し合う場を持ちました。

記録誌プロジェクト始動

記録誌は完成後、市内の図書館などに設置される予定です。
出来上がりが楽しみです。

パートナーシップ蔵書より関連図書その2

次のような感想をいただきました。
「人にかかわることに対して、自然に壁を作っていることに気づきを得た」
「新しい視野ができて良かった」
「何となく参加したのですが、あらためて自分の働き方、現状を振り返ることができました」
「頭を整理するチャンスにします」
「人それぞれ、自分の置かれた環境の違いが考えの違いに反映されているものだということを感じました」

自分なりに腑に落ちた方と、もやもやを持ち帰る方、どちらも、この講座の体験を、今後のライフキャリアに活かされることと思います。
積極的にご参加いただきありがとうございました。
事務局のパートナーシップさいたまの皆さん、お世話になりました!

<古川晶子プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。キャリアカウンセラー団体で企画・営業に携わった後、2006年に独立し「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年にSCE設立。
著書『キャリアカウンセラーという生き方「人生の節目」を乗り越える人を支える仕事』(セルバ出版)

まかない日記20180619

SCE代表の古川です。
きのう発生した大阪の地震は今も余震が続いています。
個人の生活はもちろんですが、企業活動への打撃も大きいです。
まずは救助や避難が急務ですが、産業への影響は長く続き、今後、雇用や働き方にも響いてきます(「定額働かせ放題」審議している場合じゃないのでは)。

H30NWECフォーラム特別講演

国立女性教育会館(NWEC)男女共同参画推進フォーラムのご案内をいただきました。
毎年開催されていますが、今年度は働き方を取り上げるようで、大きく掲載されている特別講演のタイトルは「すべての男女が活躍でき、働きやすく暮らしやすい社会を創る」というものです。 続きを読む

まかない日記20180612

SCE代表の古川です。
カレンダー的にはとっくの昔に新年度ですが、私としては総会おわって登記変更が済んでようやく新年度という気持ちです(どうしてあの登記変更手続きというのは一度で済まないんでしょうね、私だけですかそうですか・・・)。

さて、おかげさまで『キャリアカウンセラーという生き方』じわじわといろんな方の手に取っていただいております。
資格取得前の方、取得したばかりの方はもちろん、何年か活動して、次の展開は?という方にも役立つことを詰め込んだつもりです。
お一人でも多くの方に届けばうれしい限りです。

続きを読む