作成者別アーカイブ: SCE 代表

まかない日記20180109

2018年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
SCE一同

代表の古川です。
本日より事務所稼働で、久しぶりにキーボードをばちばちばちばち打っていたらヒジが痛くなってきました。あと年末年始にひいた風邪を治そうと熱い汁ものを食べた時に口の中を火傷したのがなかなか治りません。ちなみに風邪も治っていません。年があらたまるというよりあらためて年を感じる今でございます。しかし「人生100年時代」にそんなこと言ってられませんね。

さて、SCEの2018年賀状は、理事の遠藤の作品です。

さすがプロ

対抗して画伯も新作を出してくれました。

みんなが意欲的で、うれしい年の始まりです。
2018年もがんばります。

 

3/26(月)第23回SCEサポサポ

SCEサポサポのご案内です。
「サポーターのサポート」略してサポサポ。
カウンセラーのための働き方相談です。
さいたまキャリア教育センター(SCE)個人会員が対象です。

アドバイザー:SCE理事
日時:10:00~11:00 または 14:00~15:00 (各1人)
場所:SCE事務所(さいたま新都心)
費用:無料 ※SCE賛助会員または正会員が対象
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「サポサポ申込」として、申込者氏名と希望日、時間帯、連絡先をお送りください。特に「聞きたいこと」「相談したいこと」を書き添えていただくとより効率的です。

3/22(木)第18回帝王切開ママの会W

帝王切開ママの会Wのご案内です。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたまの後援をいただき、さいたま新都心で開催します。

「帝王切開ママの会」は、帝王切開を経験した女性のための小さな集まりです。
育児や家事に追われる日々の中で心にかぶせた「フタ」を取って、素直な気持ちを話せる場所をご用意しました。
帝王切開カウンセラーと一緒に「私のお産」を振り返って、すっきりしませんか。
子連れ参加OKです。

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2018/3/22(木)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,000円
定員:3人(先着順)
申込:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「3/22帝王切開ママ申込」として、参加者氏名と連絡先、お子さんの年齢と同席の有無、帝王切開になった理由をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
さいたま市出身。帝王切開で3姉妹を出産し、2000年に「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られ、現在までに約400にのぼる体験や情報を掲載する。10年以上にわたり、各地で「帝王切開ママの会」を開催している。2013年8月、初の書籍『ママのための帝王切開の本』(共著)を出版。

3/14(水)第24回はたらくらぶW「母娘問題について考えよう」

はたらくらぶWのご案内です。
生き方・働き方にまつわることをゆる~く学ぶ場です。

今回のテーマは「母娘問題」です。
親子はそれぞれ別の人格・・・だけど、大人になっていく我が子に対して、ついつい遠慮のない物言いをしてしまったり、不満のはけ口にしてしまったり、ということはありませんか。
とくに母と娘の場合は、同性ということもあってか、母が「絆」だと思っていることが娘にとっては「重荷」でなることも多く、「母娘問題」と呼ばれています。
少子高齢化の昨今、その深刻さがますます浮き彫りになる「母娘問題」について考えてみませんか。
ココロアロマセラピストがご一緒します。

講師:遠藤ひろみ(ココロアロマセラピスト/SCE理事)
日時:2018/3/14(水)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,500円
定員:15名
申込方法:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「3/14申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
埼玉県飯能市出身、さいたま市在住。結婚生活や仕事と子育ての両立等に悩んだ経験から、アロマセラピーや心理カウンセリング等を学び、2013年より、心理カウンセリング、アロマセラピー、イラスト表現等を複合した独自の手法で、ココロアロマセラピストとして活動する。

3/7(水)事業者向け男女共同参画セミナー@久喜市

久喜市男女共同参画事業者セミナーのご案内です。
SCE代表の古川が講師をつとめます。

来久ちゃんとしょうぶパン鬼ー

日時:2018/3/7(水)13:30~
会場:久喜総合文化会館
(久喜市下早見140)
定員:30人
申込・問合せ先:久喜市人権推進課
電話0480-22-1111 Eメールjinken@city.kuki.lg.jp

第20回SCEサポサポ②

SCE代表の古川です。
第20回SCEサポサポの報告です。

現在活動中の内容について、これからどう発展させたらよいかというご相談でした。
次のような感想をいただきました。

一人で行ったり来たりしていたので相談させていただきました。
発展させたいけれど、その先に起きそうな心配事を考えると、どうしても一歩出せずにいたのですが、古川さんの視点はまったく違っていて、「なぜ発展させたいのか・・その根本がハッキリしていないから」とズバリ。そのうえで私の言葉の中からいくつかの道を提案していただき、その先に見える景色も一緒に想像していきました。
やってみたい、こうしてみたい・・を考えるのは簡単です。でも、そこにどんな意味があって、どんな目的を持っているのかをハッキリさせておかないと、活動自体がブレますね。わかっていたつもりですが、軌道修正していただき、もう一度深く練る必要性がハッキリしました。

年末年始のお休みについて

2017年のこすところあとわずかとなりました。
今年もお世話になりました。
良い年をお迎えください。

年末年始のSCE事務所についてご案内です。
12/28~1/8 お休みです。

メールとFAXは受信できます。
お返事は1/9以降となります。
ご理解いただければ幸いです。

来年もよろしくお願いいたします。

2016酉年お世話になりました(画伯)

シニアの社会参加サポートプログラム2017④報告

SCE代表の古川です。
東京しごとセンター「シニアの社会参加サポートプログラム」今年度4回目の報告です。
基礎知識のセミナーと実践ワークショップで、トークセッションのファシリテーターをつとめています。

55歳からのしごと×生き方トークセッション

参加者は、しごとセンターでの求職登録が入り口でこの場に至った方々なので、市民活動やNPOになじみがありません。
「社会の課題に取り組む」というと、なにか高尚なことをせねばならないのかと構えてしまう方も多いです。
「課題が考えつかない」ということも課題の一つだし、「何ができるのか」「自分は入れてもらえるのか」「どんな人たちなのか」という不安や疑問はあって当然、ということをお伝えしながら進めます。

少しずつ、カラが取れるように、想いを口にする方、浮かんできたアイデアを表現する方が出てきます。
「社会参加」が自分と無縁のものではないし、手掛かりはあちこちにあるし、まずはしごとセンターで相談できる、ということがわかってきたあたりで終了。

つづいて事例紹介です。
基礎のセミナーでは、井上英一さん(市民後見センターさいたま)が、長い会社勤めのあと、ご自分がどんな風に感じ、考え、行動してきたかを率直に話してくださいました。

NPO法人市民後見センターさいたま

実践ワークショップでは、横田明菜さん(大人の秘密基地アルコイリス)が、これまでに何度か行ってきた経営方針の見直しや、様々な独自事業やコラボレーションでの取り組みについて話してくださいました。

大人の秘密基地アルコイリス(和光市)

いずれも、実際に行動してこられたからこその内容の濃いお話でした。
活動を続けていけばそこに変化や進化があるんですね。
SCEもやらねば、と気持ちを新たにしました。

井上さん、横田さん、ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

第20回SCEサポサポ報告

SCE代表の古川です。
第20回SCEサポサポの報告です。

この春から事業を始められ、たいへんヒットしているという方がご利用です。
事業の成り立ちからの振り返りを行い、この先の展開をご一緒に考えました。

次のような感想をいただきました。

自分の頭の中でモヤモヤしていたことを、じっくり時間をかけて聞いていただいたことで、「モヤモヤの本質」がかなりクリアになり、終わったあとは霧が晴れたかのような爽快感がありました。
普段から「問題の本質はここですよ」と古川さんから指摘されていて、なんとなくそうだという自覚はあったのですが、今日のサポサポで、「その問題を打開するためにはここに焦点化して考えていけばいいのでは」というヒントをいただけたので、ようやく今後の進み方がはっきりしてきた気がします。
「わかってもらえた安堵感」と、「これからこうすればいいとスッキリする爽快感」がセットな感じのサポサポ、さすがの一言です。迷いや悩みを抱えた多くの方にオススメしたいです。

働き方改革講演@埼玉県空調衛生設備協会 報告

SCE代表の古川です。
昨日は埼玉県管工事会館にうかがいました。
北与野にあり、SCE事務所から歩いていける距離です。

埼玉県管工事会館

一般社団法人埼玉県空調衛生設備協会の月例会で「働き方改革」の推進について、埼玉県庁など関連の方々とご一緒に講演をさせていただきました。
経営者のお集りには独特の活気があり、お話ししながらこちらまで元気になってきます。

埼玉県空調衛生設備協会の資料

古川は時間の関係で超圧縮してお伝えすることになったのですが、配布されている月例会の資料(講演のではなく)が働き方改革に関するものだったので、おそらく釈迦に説法だったことと思われます(^-^;
貴重なお時間をいただいてしまい恐縮です。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました!