作成者別アーカイブ: SCE 代表

インターンD日記20170920:しごと準備講座報告

インターンDです。
本日はWith Youさいたまにてしごと準備講座(第2期)の見学をさせて頂きました。
今日は導入で、古川さんのミニ講座「つぶ(さ)れない生き方」と参加者自己紹介タイムでした。
講座運営はNPO法人クッキープロジェクトさんです。

話す人はウサギの耳をつける決まりです。

つぶされてしまうことは、自分でつぶれてしまう事でもある、ということで、そうならない為にどうすればいいか、という講座でした。
ポイントは5つで、1つ目に過去ではなく未来をどうするかを考えることです。
例えどんなに悲し事や辛い経験があってとしても、過去をなかったことにすることはできません。
未来にどうしたいかに視点を置く必要があるとのことでした。
過去は過去でこれからはまだ変える事が出来ますし、私も過去にとらわれず未来を見るようにしようと思います。

2つ目は自分で「キャリア」を作る事です。
「キャリア」の正確な意味は、人生を構成する一連の出来事です。
つまり自分の人生を自分で企画するということです。
一見当たり前のことのように思うかもしれませんが、今まで当たり前のように評価される側の立場であった女性が自分は自分と誰かの目を気にすることなく、自分の幸せは自分で感じる事が出来る様になるというのは大きいことです。

3つ目は5つの武器です。
プランドハップンスタンスといって、人生は「偶然」によって決まっていくことが多いという考え方があります。
この「偶然」を手に入れるためには自ら行動する必要があり、行動するためには好奇心・柔軟性・持続性・楽観性・リスクテイクの5つの武器が必要になるということでした。

4つ目は自分と対話することです。これまでの体験を振り返えることで事実と自分の気持ちを整理する事が出来ます。
そこから得た事を言葉にし、時間をおいて何度も繰り返す事で自分を受け入れる事が出来る様になります。

クッキープロジェクトのお2人と講座後の振り返り。

最後は一番の強み、自分にとって一番大切な事を知っている事です。
先程のプランドハップンスタンスの考え方で、偶然を自らキャッチしようという気持ちを持つ事が出来れば行動に出せる様になります。
自分も精神的に疲れて潰れてしまいそうになる前に、自分は自分と気持ちを強く持って、5つの武器を装備して行動しようと思います!

SCE通信201710&11 特集「女性からの政策提言講座」

SCE通信を発行しました。
先月に続き早い発行!インターンDちゃんの若い力でしょうか(細田編集長に吸い取られないように気をつけて)

特集は「女性からの政策提言講座」埼玉県男女共同参画課の方に取材させていただきました。
ご協力ありがとうございます!

コラムは代表の古川です。
イベント情報も満載です。ぜひご一読ください。

PDFファイルはこちらから

まかない日記20170911

SCE代表の古川です。
先週末はひさしぶりにがっつり勉強してきました。
シニアの心身の健康や葬儀のことなど幅広い内容の講座を、2日間みっちり受講し、頭がパンパンになった気がしましたが、一晩寝るとだいぶぬけ落ちています←

海老天ぷらそば

シニアのキャリア支援に10年以上かかわっている間に、日本の少子高齢化がすすんで、シニアをとりまく環境も、支援がめざすところも少しずつ様変わりしています。
そこで、直近の事情に触れたくて学びに行きました。

認知症についての講義は、訪問看護の現場にいる方が講師でした。
私にとっては「!」がポコポコ飛び出すお話でした。

例えば次のような症状。
・「今は朝?お昼?」=見当識障害
・「1+3は?」「3と・・・(忘れている)」=記憶障害
・結ぶ動作などで思った通りに手足が動かない=失行

例えば次のような法則。
・「昔スターだったの」など自分を大きく見せるような話=自己有利の法則
・やってしまった失敗は忘れるが叱られたときの気持ちはずっと残る=感情残像の法則
・「もうすぐお帰りの時間ですよ」といわれると帰ることで頭がいっぱいに=こだわりの法則
・「早く食べて!」など強く言われると抵抗するが優しく言われると従う=作用・反作用の法則

もう「!」ポコポコです。
子育ての中でしばしば見られることが、次から次に出てきます。

そして、介護する側にとって重要なのは、「一人で抱え込まない」「家族だからといって自分をなげうってやらなくていい」「サービスなど社会資源は必要だからそこにあるので、利用する際に罪悪感は不要」というお話に続きました。

さらに「!」「!」「!」です。
こういう状態の人を一人でお世話するのは家族でもつらい、ってことですよね。
ということは、子育てだって「母親以外の手をどんどん借りていい」「あずけることに罪悪感は不要」ですよね。
だって同じ「ケア」なんですから。

と、おそらく大方の受講者とは全然違うことを考えていた私でした。
・・・シニアについて学びに行ったんじゃなかったのか。

インターンD日記20170906:しごと準備講座1dayスペシャルセミナー報告

インターンDです。
本日はWith Youさいたまにて「しごと準備講座1dayスペシャルセミナー」を見学させて頂きました。
働きづらさや生きづらさに悩む女性の自立・就職を目指す講座で、主催はWithYouさいたま、企画・運営はNPO法人クッキープロジェクトです。
スペシャルセミナーの内容はアロマテラピーを使ったセルフケアで、精油の取り扱い方やアロマパウダーでのハンドマッサージのやり方を教わりました。

スペシャルセミナーの講師はSCE遠藤ひろみさん

講座が始まる前は参加者の方の表情が強張っていましたが、ペアでハンドマッサージをしている間に少しずつ表情が明るくなっている様に見えました。
講座終了後は同じグループだった参加者同士で暫く残って話していました。
講座の対象者が限られている為、似た状況の人と出会える事で少しは気持ちが楽になるのかもしれないと思いました。

実際にハンドマッサージをしてもらって、人にマッサージをして貰うという事は凄く気持ちが良くて安心するなと感じました。
相手の両手の暖かい体温で手を包み込まれて、守ってもらえている様な人に委ねている感覚が癒しに繋がるのかなと感じました。

自分の周りにも少し気持ちが疲れてしまっている友人が数人いますので、頂いたアロマパウダーでハンドマッサージをして少しでも癒しを与えられたらと思いました。
ですがその前に自分の手のマッサージを上手く出来る様に練習する所から始める必要がありそうです。

インターンD日記20170904:さいたま市市民活動委員会H29-3報告

インターンDです。
本日は午後から古川さんに同行して、さいたま市市民活動推進委員会の、さいたまマッチングファンド一般助成事業審査を傍聴させて頂きました。

資料の一部

今回応募されていた団体は「特定非営利活動法人岩槻人形文化サポーターズ」と「さいたま触れ太鼓隊」の2つでした。

助成金の存在は知っていましたが、厳正な審査があってやっと助成金を貰うことが出来るのだなと感じました。
実際に助成金の審査の場に立ち会う機会なんて滅多にないのでとても新鮮でした。
さいたまマッチングファンドは法人でなくても応募できるので、市で積極的に団体での活動を推進してくれる場所があることは素敵だなと感じました。

そして、団体と所管課が一緒に提案するのでどれだけ連携が取れているかで、審査が通るかどうかに関わってくるのかなと感じました。
今回は傍聴させて頂きながらも、難しくて分からない事が多かったのですが、自分の知らなかった企業や地域の新たな一面を見た気がしました。

11/30(木)第16回帝王切開ママの会W

帝王切開ママの会Wのご案内です。
埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたまの後援をいただき、さいたま新都心で開催します。

「帝王切開ママの会」は、帝王切開を経験した女性のための小さな集まりです。
育児や家事に追われる日々の中で心にかぶせた「フタ」を取って、素直な気持ちを話せる場所をご用意しました。
帝王切開カウンセラーと一緒に「私のお産」を振り返って、すっきりしませんか。
子連れ参加OKです。

講師:細田恭子(帝王切開カウンセラー/SCE理事)
日時:2017/11/30(木)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,000円
定員:3人(先着順)
申込:Eメール koza@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、まで、件名を「9/28帝王切開ママ申込」として、参加者氏名と連絡先、お子さんの年齢と同席の有無、帝王切開になった理由をお送りください。
※携帯メールでお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<細田恭子プロフィール>
さいたま市出身。帝王切開で3姉妹を出産し、2000年に「くもといっしょに」を開設。ユーザー発の帝王切開情報の草分け的存在として知られ、現在までに約400にのぼる体験や情報を掲載する。10年以上にわたり、各地で「帝王切開ママの会」を開催している。2013年8月、初の書籍『ママのための帝王切開の本』(共著)を出版。

11/27(月)第19回SCEサポサポ

SCEサポサポのご案内です。
カウンセラーとして活動する方のブラッシュアップやキャリア構築の相談デスクです。
さいたまキャリア教育センター(SCE)個人会員が対象です。

アドバイザー:SCE理事
日時:10:00~11:00 または 14:00~15:00 (各1人)
場所:SCE事務所(さいたま新都心)
費用:無料 ※SCE賛助会員または正会員が対象
申込方法:Eメール office@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「サポサポ申込」として、申込者氏名と希望日、時間帯、連絡先をお送りください。特に「聞きたいこと」「相談したいこと」を書き添えていただくとより効率的です。

11/22(水)第24回はたらくらぶゼミ「カウンセラーの強み発見&発信」

はたらくらぶゼミのご案内です。
カウンセラーやセラピストとして活動する方のための学びと交流の場です。
資格取得のみで経験ない方や、活動準備中の方も歓迎です。
※資格発行団体等へ提出する「出席証明書」を発行できます。

フリーランスで活動する方が多いカウンセラー。
カウンセリング技術等の向上と並行して、自らの想いや特色を発信していく必要があります。
強みを見出し発信するための具体的なステップを、ワークショップ形式でお伝えします。

講師:古川晶子(SCE代表)
日時:2017/11/22(水)10:00~12:00
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1,500円(会場費等を含む)
定員:15名
申込方法:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618まで、件名を「11/22申込」として、参加者氏名と連絡先をお送りください。
※携帯メールからお申込みの場合は、さいたまキャリア教育センターからの返信メールが受信できるように設定してください。

<講師プロフィール>
福岡県出身、さいたま市在住。女性センター、キャリア支援団体、市民活動支援施設等で、講座・ワークショップの企画・運営に携わった後、2006年からフリーランスで「人と仕事の幸せな関係性」をテーマに講演等を行う。2013年に一般社団法人さいたまキャリア教育センター設立。大人のためのキャリア教育、カウンセラーのブラッシュアップを推進する活動を展開。

11/14(火)親子で楽しむみつろうキャンドル

埼玉県民の日イベント「親子で遊ぼう!WithYouさいたま」に出展します。

年長さんくらいから小学生まで参加できます。
クリスマスに向けて、親子で楽しんでくださいね。

講師:遠藤ひろみ(SCE理事)
日時:2017/11/14(火)受付10:30~(ラスト15:30)
会場:WithYouさいたま
※さいたま市中央区新都心2-2(駐車場はありません)
参加費:1作品500円
※当日受付。受付しだい順にご案内します
※作業時間の目安は20分程度(制限はありません。自分のペースでOK)
問合せ先:Eメール info@s-ce.shigoto.bz またはFAX048-610-8618
※携帯メールからの場合は、SCEからの返信メールが受信できるように設定してください。

まかない日記20170831

SCE代表の古川です。
いきなり涼しくなってビックリな8月最終日、パートナーシップさいたま「女性カレッジ2017」を見学させていただきました。
講師は、早稲田大学の熱田敬子さんです。

女性カレッジ初の試み「寸劇」

続きを読む